玉 林 院
長野県木曽郡上松町上松
 正式名称は聖岩山玉林院、臨済宗妙心寺派の寺院です。創建は天正年間(1573-93年)、木曽義元の次男玉林により開基されたと伝えられます。(義元の没年から逆算し、創建は天文年間以前と思われますが?) 明和3(1766)年に建築された山門は八脚鐘楼門形式の三間一戸、入母屋造の銅板葺。本堂は昭和38(1963)年の再建で入母屋造の銅板葺。背後(東側)の丘陵上には木曽義康の次男蔵人義豊が拠した上松氏館(天神山木曽氏館)があり、有事の際には館の大手口を守備する砦として機能したと思われます。  (場所はココです)
山門 
昭和59(1984)年、上松町の有形文化財に指定。
本堂