孫七沢館
秋田県北秋田市(旧合川町)三木田字孫七沢
立地・構造
 孫七沢館は小阿仁川の中流域、左岸の東方向に張り出した丘陵突端(比高10−15m)に築かれた丘城です。規模は推定東西60m×南北250mほど、内部は東西堀で分断された南北の2郭構造になっているようです。同地は小阿仁川沿いの谷底平野を見下ろすとともに、上流・下流方向を眺望できる高所に位置しており、在地に村落(開発)領主の日常居館として取り立てられた城館と思われます。現在、南側の平場に館神八幡が祀られています。

 築城時期・築城主体・館主ともに不明。一説には米内沢城主嘉成右馬頭定清とこの地の領主三浦氏の娘の子が館主とも。
歴史・沿革
孫七沢館  館清水
メモ
・・・・・・・・
形態
丘城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成26(2014)年6月21日
孫七沢館は三木田地区の南方、小阿仁川左岸の丘陵上に築かれた丘城です。(写真左上) でっ、館祉には現在 館神八幡が祀られていて東麓から参道が設けられています。ちなみに山麓には館清水と呼ばれる湧水地があって、ま〜〜〜 水の手だったのでしょう。(写真右上) 孫七沢館は堀で仕切られた南北の2郭構造になっていて、八幡神社が祀られている平場が南側の郭になるのでしょう。(写真左ー境内 写真左下ー館神八幡 写真右下ー熊野大神・大日大神) なお堀は藪が酷く未確認。