杉館
秋田県北秋田市木戸石
立地・構造
 杉館は阿仁川下流域の左岸、北東方向に突き出した小丘陵先端(比高30−40m)に位置する平山城で、東側は阿仁川を、西側は北から廻り込んだ沢を自然の濠とし、急峻な断崖に防御された要害地形に立地しています。城縄張りは20−25mの痩尾根を削平した東郭・西郭の2郭からなり、東郭は実質的な主郭と想定され規模は20−25m×35−40mほど、北側の緩斜面は高さ2−3mの段差で区画された段郭群で処理されて北側の沢に落ち込みます。西郭は規模は20−25m×30−35mほど、基本的には搦手に繋がる非戦闘員の逃げ込み郭と想定されます。東郭と西郭は幅7−8m・深さ5−6mほどの空堀で分断され、西郭南側の尾根続きも幅7−8m・深さ4−5mの竪堀をともなった二重堀で分断されています。杉館は規模も小さく、基本的には阿仁川上流方向を監視する砦と想定されますが、有事の際の「ムラシロ」としても機能したと考えられます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。一説では大永年間(1521−28年)とも。城主は『郷村史略』あるいは菅江真澄の『しげき山本』によると比内浅利氏の被官佐藤豊後と伝えられ、伝承によると天正17(1589)年、佐藤四郎左衛門は檜山安東氏の攻撃を受けて退去したとされます。同年、「湊騒動」に介入して阿仁に侵攻した萱森判官率いる南部軍は、米内沢塚の台で米内沢城主嘉成常陸介資清(康清)・右馬頭貞清・阿仁城主阿仁(嘉成)播磨等の阿仁衆と武力衝突を起こしましたが、阿仁衆に撃破されます。この時、佐藤四郎左衛門は南部氏に与したため阿仁衆の攻撃を受けたと推測されます。天正末期、対岸の木戸石が嘉成播磨領になっていることから、杉館も嘉成播磨の属城になったと思われます。
杉館  西郭南側の堀
メモ
浅利氏の「境目の城」
形態
平山城
別名
 ・・・・・
遺構
郭・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成20(2008)年5月6日
杉館遠景
南側から杉館を見たところ。杉館は東麓を北流する阿仁川を自然の濠として取り込んだ、細長い丘陵地に位置します。阿仁川からの比高は30−40mほど。
北麓の沢
杉館の北から西側には沢が発達し、自然の濠となっています。管理人はこの沢から直登しました。比高は低いのですが・・・・、笹藪が・・・・・、酷い・・・・・
東郭(主郭)
藪を突き抜け辿り着いたところが東郭で、実質的な主郭と想定されます。規模は20−25m×35−40mほど、北側は高さ2−3mの段差で区画された段郭群(写真右)で処理されています。
空堀
東郭と西郭を分断した空堀で、幅7−8m・深さ5−6mほど。堀底は東郭南西側に廻り込み腰郭となります。
西郭
規模は20−25m×30−35mほど、東側縁部が若干高くなっているため土塁があったのかも・・・・・。基本的には搦手に繋がる非戦闘員の逃げ込み郭と想定されます。
二重堀
西郭南側の尾根続きは幅7−8m・深さ4−5mの二重堀で分断されています。堀は竪堀となって側面の横移動も遮断しています。
阿仁川上流方向
杉館からは阿仁川上流、合川から米内沢方向の眺望に優れています。本来この辺りが、浅利・嘉成領の境目だったのでしょう。