白華城
秋田県秋田市豊岩豊巻字中沢
立地・構造
 白華城は雄物川の河口部に近い左岸の丘陵上(比高50m)に築かれた平山城です。城の規模は東西200m×南北350mほど、城縄張りは南北に細長い稜線を低い段差で加工した連郭構造になっていて、北から北郭ー主郭ー馬出ー家中屋敷ー厩祉が設けられ、稜線の繋がる北東ー北ー南ー南東側の尾根を堀切で遮断して城域を画しています。各郭の規模は北郭が東西40m×南北45m、主郭が東西20ー30m×南北50m、馬出が東西15−20m×南北25m、家中屋敷が東西20−25m×南北40m、厩祉が東西25m×南北35mほど、主郭・馬出・厩祉の東側縁部には土塁が築かれています。大手筋は南西側の稜線と想定され、導線は厩祉ー家中屋敷の東側下を通り馬出に繋がる構造になっていたようです。また城域を区画した堀切は特に主尾根に繋がっている南北の堀切は二重堀・三重堀で厳重に防御されています。同地は東に雄物川の沖積平野を望む要地に位置しており、もともと村落領主の日常居館として築かれたと思われます。

白華城概念図
 築城時期は不明。戦国期に湊安東氏の一族安東義仁により築かれたと伝わります。本来は湊安東領南部の雄物川西岸を守備するとともに、雄物川舟運を監視する機能があったと思われます。天文年間(1532−55年)末期、湊安東氏は嗣子がなく、檜山安東氏から安東愛季の弟茂季を養子に迎えました。しかしこれ以降 愛季は湊安東氏の家政に介入し、次第に湊安東氏の権益(交易海運利権)をも牛耳るようになります。このため元亀元(1570)年、豊島氏・下刈氏・川尻氏等の湊安東氏配下の在地領主は小野寺氏・戸沢氏と連合して、檜山安東氏と対峙しました。(「第二次湊騒動」) これより先、永禄10(1567)年頃、白華城主安東季林(すえしげ)豊島城主豊島玄蕃に不意に攻められ、白華城は陥落します。しかしその後、豊島氏が安東実季に滅ぼされると、雄物川西岸は安東季林の領地として戻りました。もともと安東季林は湊安東氏に籍を置きながら、檜山安東氏に加担していたと思われます。
歴史・沿革
白華城  北東側の二重堀切
メモ
湊安東氏庶流の館城
形態
平山城
別名
 ・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀
場所
場所はココです
駐車場
県道沿いに空地あり
訪城日
平成17(2005)年6月13日
平成27(2015)年4月25日
白華城は雄物川河口部の西岸、豊岩豊巻地区背後の丘陵上に築かれた平山城です。(写真左上ー東側からの遠景) でっ、東麓の県道わきに「白華城址入口」の標柱が建てられていて、城址へはここからアプローチします。(写真右上) でっ、民家を過ぎると進行方向に小社が見え、この脇に沢を詰めるように山道が設けられ(写真左)、その後はなだらかな尾根道を登り(写真左下)、しばらくすると浅い堀切が見られます。(写真右下) たぶんこのルートは大手筋ではないようで、堀切からしばらく山道を進むと、いきなり大手虎口に辿り着きます。
(写真左上) 大手虎口、クランクして入る切り込み式の虎口になっています。
(写真右上) 大手虎口、左右は土塁と切岸で区画されています。
 
馬出(写真右・左下)
現地表示で馬出と表されている主郭と家中屋敷に挟まれた平場で、規模は東西15−20m×南北25mほど。東側縁部には下幅3−4m・高さ1.5−2mの土塁が築かれ(写真右下)、南西端には「搦手口」の標柱が建てられています。
(写真左上) 馬出南西端の搦手口
(写真右上) 馬出西側の帯郭(犬走り)、規模は幅2−3mほど、北郭に繋がっています。
家中屋敷(写真左)
規模は東西20−25m×南北40mほど、内部は低い段差で南北2段に加工され、南側は2mの段差で厩祉に繋がっています。(写真左下)
厩趾(写真右下)
規模は東西25m×南北35mほど、南側稜線に対する守備拠点と推測され東ー南側縁部には高さ1.5mの土塁が築かれています。
(写真左上) 厩祉南側の土塁
 
厩趾から南側に延びた稜線は規模の大きい三重堀で遮断されています。(写真右上ー内堀・幅7−8m・深さ6−7m 写真右ー中堀・幅5−6m・深さ3−4m 写真左下ー外堀・幅5−6m・深さ4−5mほど) なお南側稜線にも城郭遺構があるようですが・・・・・・・・・、行ってません。(未確認)
主郭・馬出間は低い段差と仕切り土塁で区画され、西端に平虎口が設けられています。(写真右下) 土塁は馬出側が高さ1m、主郭側が0.5mほど。
(写真左上) 主郭の虎口
 
主郭(写真右上)
規模は東西20ー30m×南北50mほど、西側には幅5−8mの腰郭が巻かれ(写真左)、東側縁部には下幅3−4m・高さ1−1.5mの土塁が築かれています。(写真左下) ま〜〜〜、城主居館を構えるに充分なスペースがあります。でっ、土塁は北東端でクランクし、櫓台に加工されていたようです。(写真右下) 櫓台の規模は東西6−7m×南北5m・高さ2mほど。
主郭の北西側には高さ4−5mの段差で区画された北郭が設けられています。(写真左上ー切岸 写真右上ー北郭) 北郭の規模は東西40m×南北45mほど、中央西端には櫓台と思われる土壇が築かれ、北側稜線は5−6m切り落とした浅い堀切で処理されています。(写真右)
 
主郭から北東側の延びた稜線は二重堀で遮断されています。(写真左下) でっ、規模は内堀が幅7−8m・深さ5−6m(写真右下)、外堀が幅5−6m・深さ2−3mほど、中土塁は下幅7−8m・高さ2−2.5mほど。
(写真左上) 二重堀の外堀
 
本郭部への大手導線は南西側からの稜線と想定され、導線は厩祉・家中屋敷の東側下を経て馬出に繋がっています。(写真右上・左) でっ、厩祉の東側には大土塁が築かれ、導線から厩祉へは直接行けないように設定されています。(写真左下ー大土塁・防塁 下幅10m・高さ2m 写真右下ー厩祉・大土塁間の堀) さらに南西側稜線には虎口や堀切が見られます。
(写真左上) 本郭部への虎口
 
(写真右上) 南西側の大手導線
 
(写真右) 南西側稜線の堀切、幅5−6m・深さ3−4m
 
(写真左) 雄物川を挟んで東方7kmには白華城を攻め落とした豊島氏の豊島城があります。