羽川古館
秋田県秋田市下浜羽川字古館・串気沢
立地・構造
 羽川古館は鮎川の下流域、左岸の東から北西方向に張り出した丘陵突端(比高30m)に築かれた平山城で、東側の丘陵続きを堀で断ち切って城域を独立させています。城の規模は東西200m×南北150mほど、内部は大きくは堀で仕切られた東西の2郭とこれに付随した郭群からなります。規模は西郭が20−25m四方、東郭が東西45m×南北20mほど。西郭は物見・監視の性格をもつ郭
羽川古館概念図
、東郭は恒常的な日常居館と推測されます。城の構造は稜線を加工し、高い切岸を防御主体とした古い形態の城館になっています。同地は鮎川沿いの狭い狭隘地を望む高所に位置しており、基本的には開発領主の日常居館として築かれたものと思われます。

 築城時期は不明。一説には応永年間(1394−1428年)頃、この地に入部した新田義貞の一族(越後新田氏・羽根川氏か?)羽川氏により築かれたとも。その後、羽川氏は戦国期に南西1kmに羽川新館を築き、ここに移ると、古館は廃城になったと思われます。
歴史・沿革
羽川古館  東郭
メモ
由利十二頭羽川氏の
入部当初の館城
形態
平山城
別名
 ・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・櫓台?・虎口・堀・水の手?
場所
場所はココです
駐車場
県道240号沿いに
路上駐車(空地あり)
訪城日
平成18(2006)年10月22日
平成26年(2014)年4月22日
羽川古館は下浜羽川地区の南東部、東から北西方向に張り出した丘陵突端に築かれた平山城です。(写真左上ー南西側からの遠景) でっ、城の北⇒西側には鮎川が流れていて、管理人は西側からアプローチしました。(写真右上) 西側斜面は高さ15−20mの断崖になっていますが(写真左)、攀じ登り切ると先端部分の平場に辿り着きます。(写真左下) 平場の規模は東西15−35m×南北60mほど、北・東側は高さ5−6mの切岸で上位郭と区画されています。(写真右下)
城域の西側は大きくは西郭から北西・南西に延びた稜線を加工した郭と前記した鞍部状郭からなります。規模は北西郭が東西40m×南北15−20m(写真左上)、南西郭が東西25m×南北15mほど(写真右上)、両郭ともに先端は段郭群に加工され、南西郭の東側縁部には幅5m×長さ10m・高さ1−1.5mの土塁(土壇?)が築かれています。(写真右)
西郭(写真左下)
規模は20−25m四方ほど、北東部の高台(櫓台?)を帯郭で巻く簡素な構造。(写真右下ー西側の帯郭 幅5−7m) ま〜〜〜、居住空間とは想定できず物見の郭だったのでしょう。
西郭・東郭間を分断した堀は幅5−6m・深さ3−4mほど、堀底は西郭・東郭の北・南側の帯郭に連続しています。(写真左上) ケッコウ藪っていて見ずらいですが・・・・・・・・・。
東郭(写真右上)
規模は東西45m×南北20mほど、内部は藪が酷いですがよく加工されています。たぶんこの郭が日常居館が構えられていた郭だったのでしょう。でっ、北・南側には幅3m前後の帯郭が敷設され(写真左)、東側には1.5mの段差で仕切られた(写真左下)副郭が設けられています。(写真右下) 副郭の規模は東西35m×南北35mほど。
東郭の東側縁部には天幅3m・長さ15m・高さ1.5mの土塁が築かれ(写真左上)、外側(東側)は幅15m・深さ2mの堀で遮断されています。(写真右上) でっ、土塁の北側には堀に繋がる導線が設けられており、ここに虎口が構えられていたのでしょう。
西郭・東郭の北側斜面は不規則な段郭群に加工され、各郭間は最大5mの切岸で区画されています。(写真右・左下・右下) でっ、最下段の郭が最大規模の平場になっていて、東側縁部には幅7−8m・高さ1−1.5mの土塁(土壇)が築かれています。
東側の土塁(土壇) 東郭北側下の窪地・水の手か?