館ノ下館
秋田県秋田市上北手館ノ下
立地・構造
 館ノ下館は秋田平野の南東部、雄物川の支流猿田川右岸の南方向に延びた低丘陵(比高20m)に築かれた単郭の平山城です。館は北側の丘陵続きを堀切で断ち切って独立させ、規模は東西90m×南北250mほど。立地環境・形態から、鎌倉末期ー室町期にかけて築かれた開発領主の居館と推測されます。館ノ下館の南麓には猿田川が西流し、その先は雄物川の氾濫原となっています。
歴史・沿革
 築城時期・築城主体・館主ともに不明。『河辺郡大観』では後藤又兵衛の子孫が居城としたと紹介されています。(当然、俗説ですが・・・・・・・・・) 
館ノ下館  遠景
メモ
・・・・・・・・
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・ 
遺構
郭・堀祉
場所
場所はココです
駐車場
上北手生活改善センター
駐車場借用
訪城日
平成19(2007)年2月9日
館ノ下館は秋田市街地南東部の丘陵上に築かれた平山城です。(写真左上) 館の南側下に上北出小学校があり、訪城の際の目印になります。館のある丘陵は北から南側に張り出したもので、北側の丘陵続きを堀切で断ち切っていたようです。(写真右上ー現在は車道が通っています) 頂部は平坦地になっていて、規模は東西90m×南北250mほど、広大な平場になっています。(写真左・左下) 西側斜面には帯郭(犬走り?)が見られますが、往時の導線かも。(写真右下) 同地からは秋田平野南部、雄物川河口部の沖積平野が一望にできます。