笠岡館
秋田県秋田市下新城笠岡
立地・構造
 笠岡館は下新城丘陵から西方向に延びた段丘末端(比高30m)に築かれた平山城で、丘陵基部を掘り切って城域を区画しています。内部は東西に延びた尾根を削平して郭を構築した、単調な構造の城館になっています。笠岡館からは北・西・南側に眺望がすぐれ、東方1.5kmにある岩城館の機能補完する物見砦として築かれたと推測されます。
歴史・沿革
 築城時期・館主ともに不明。もともとは笠岡周辺を領した在地土豪の居館だったと推測されます。天正16(1588)年に勃発した「湊騒動」(安東氏の内訌)の際、檜山城主安東実季との軍事緊張にあった湊安東氏方の岩城館主岩城氏が改修したと推測されます。
笠岡館  遠景
メモ
湊安東氏被官
岩城氏の支城か?
形態
平山城
別名
 ・・・・・・・・
遺構
場所
場所はココです
駐車場 笠岡公民館駐車場借用
訪城日
平成18(2006)年9月13日
西側の郭
東西80m×南北80m。逆L字型の郭で、北西隅に2−3段の段郭が配置されています。
中央の郭
東西50m×南北110m。かなり広いスペースですが、明治以降の開墾・グランド整備で改変されているようです。東側は2mの段差で墓地になっています。北側には櫓台があります。
櫓台?
笠岡館の中央北側には櫓台状の高台があります。どうも北側を意識していたようです。
腰郭
南側の斜面には腰郭が一段配置されています。東西50m×南北30m。
切岸
笠岡館の北・西・南側は比高は低いものの急峻な段丘崖になっています。写真は南側腰郭の切岸です。