黒川館
秋田県秋田市金足黒川
立地・構造
 黒川館は馬踏川左岸の丘陵先端(標高57m 比高30m)に築かれた丘城で、頂部を主郭に同心円的に3−4段の郭が配置されていたようです。黒川館の北・西・南側の水田地帯は馬踏川の氾濫原だったと推測され、黒川館は氾濫原を自然の濠として構築されたと思われます。現在、丘陵先端部(北端)には豪農M氏の邸宅があり、館主の日常居館が想定されます。現在、主郭周辺は墓地となり、改変が進み遺構は不明瞭となっています。
歴史・沿革
 築城時期・館主ともに不明。馬踏川小谷を領した開発領主の居館と推測されます。豪農M氏は浦城主三浦氏の末裔と伝わります。
黒川館  遠景
メモ
・・・・・・・・
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・ 
遺構
・・・・・・・・
場所
場所はココです
駐車場
黒川集落内に駐車スペース
はありません。県道112号沿
いにバスの迂回所があります
訪城日
平成18(2006)年9月28日
黒川館遠景
北東側から見たところです。前面の馬踏川は黒川館の北から西側を蛇行し、外濠として機能していたようです。
丘陵末端(北端)
比高10−15mの段丘上に居館があったと推定され、現在M氏の邸宅があります。周囲は水田になっていますが、往時は馬踏川沿いの湿地帯だったと思われます。
主郭北側
黒川集落を通り、黒川館方面に向かいます。しばらく登り道を進むと神社が祀られています。ここは郭を利用したものと思われます。
主郭方向
黒川館は現在墓地になっています。そのため地形は改変され、遺構は不明瞭になっています。
主郭背後
主郭背後(南側)は自然地形の空堀になっています。
こださ館
黒川館の東方1.1kmに位置し、小友館の支城と考えられます。