小友館
秋田県秋田市下新城小友館山
立地・構造
 小友館は秋田市内の北東部、上新城・下新城地区背後の西方向に張り出した丘陵突端(標高193m 比高160m)に築かれた山城で、頂部を主郭に西側と東側に郭を構築したシンプルな構造の城館です。小友館のある通称館山は下新城地区から相当深く山奥に位置し、比較的平場の規模が大きいことから「詰の城」として築かれたと推測されます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。一説には南北朝期頃、上新城・下新城の馬踏川沿いを領有した安倍氏が築いたとも。永享6(1434)年頃の館主として安倍久末の名が伝えられ、名字から湊安東氏の一族と推測されます。
小友館  主郭西側の堀
メモ
湊安東氏の庶流 安倍氏の館城
形態
山城
別名
・・・・・・・・・ 
遺構
郭・堀
場所
場所はココです
通称館山
駐車場
林道沿いの東屋に隣接して
駐車スペースあり
訪城日
平成18(2006)年6月17日
小友館近景
南側から見上げたところです。小友館の西側には車道が繋がっています。
小友館登り口
本来の大手筋と考えられます。車道沿いから遊歩道が整備されています。左上が西郭(仮称)、正面が主郭になります。
主郭切岸
遊歩道を進むと主郭切岸が現れます。高さは7−8mほどです。右側下の砂利道は腰郭と考えられます。
主郭・西郭(仮称)間の空堀
写真左側が主郭になります。幅20mはある大規模な空堀ですが、かなり埋没しています。
主郭
規模は東西50m×南北60mほど、幅5−6mの帯郭(写真右)が西・南・東側をカバーしています。ここからは湊城のある土崎方向(写真左下)が望めますが・・・・・・遠いです。
西郭(仮称)
規模は東西80m×南北60mほど。主郭とは幅20mの浅い空堀(写真左上)で分断されています。西から南側には幅7−8mの帯状の郭(写真左下)が巻かれています。
竪堀?
主郭・東郭(仮称)間には堀が想定されます。写真は堀の末端が竪堀になったように見るのですが・・・・ ただ単なる自然地形かも・・・・・
東郭(仮称)
主郭の東側に位置します。一部削平されていますが、改変と薮で範囲は不明瞭です。