太平城
秋田県秋田市太平目長崎字舞鶴館
立地・構造
 太平城は太平川の中流域、北岸の北から南側に張り出した舌状台地(比高20−30m)に築かれた平山城です。城の規模は東西120m×南北300mほど、北側の丘陵続きを堀切で遮断して城域を区画した単郭の城館と推測されます。主郭の規模は東西80m×南北230mほど、東側と南側に腰郭を敷設したシンプルな構造になっています。城は比較的、加工工数が少なくて済む舌状台地を利用した典型的な岬館構造になっています。同地は太平川の狭隘地を望む高所に位置しており、基本的には村落領主の開発拠点として取り立てられたと推測されます。

 築城時期・築城主体ともに不明。館主は大江氏の庶流永井(長井?)氏と伝えられます。『吾妻鏡』には大江氏がこの地の地頭職となった記録はなく、永井氏がいつ頃 この地に土着したのかは不明。また永井氏は長井大江氏の庶流とも推測され、長井
大江氏が伊達宗遠に攻め滅ぼされた至徳2(元中2 1385)年以後、一族がこの地に遁れ土着したとも推測されます。室町・戦国期、永井氏は太平郷に勢力を広げ、豊島館主豊島氏とともに湊安東氏に与力する秋田郡の有力国人に成長しました。元亀元(1570)年、檜山城主安東愛季が湊安東家に弟茂季を入嗣させて湊家を併呑すると、永井氏はその支配下に組み込まれたと推測され、天正10(1582)年 庄内尾浦城主武藤義氏が由利郡に侵攻すると、永井氏は檜山勢に加担して由利郡に出陣し、戦後 一族の一部式部少輔が愛季から感状を得ています。同6(1588)年、愛季の病死により「湊騒動」(安東氏の内訌)が勃発すると永井左近将監広治は湊安東高季(道季)方に加担しましたが、乱は檜山方の勝利で終結し、永井氏は没落しました。
歴史・沿革
太平城  北側の堀
メモ
大江氏の庶流 永井氏の館城
形態
平山城
別名
 舞鶴館
遺構
郭(平場)・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成17(2005)6月20日
平成19(2007)年2月7日
太平城は太平目長崎地区背後の丘陵上に築かれた平山城で、北から南側に張り出した半島状の丘陵に選地され、太平川を自然の堀としています。(写真左上ー西側からの遠景) でっ、城は北側の丘陵続きを大規模な堀切で分断して城域を独立させ、他の三方は高さ15−20mの急峻な段丘崖で守られています。(写真右上ー東側の塁線 写真左ー西側の段丘崖 写真左下ー南側の段丘崖) でっ、南東麓には「舞鶴館跡」と記された史跡標柱が建てられ、この脇から車道が設けられいて(写真右下)、楽にアプローチすることができます。
北側の堀(写真左上・右上)
北東麓からの車道はこの堀切に繋がっています。規模は幅10m・深さ5−6mほど、もともと稜線の狭まった鞍部を利用したものと推測されます。ま〜〜〜、車道建設で相当削られ改変されていますが、遺構としてはわかり易いパーツです。
主郭(写真右・左下)
規模は東西80m×南北230mほど、耕作地に改変されているため、単郭なのか複郭構造だったのかは不明。東側下には4−5m切り落として腰郭が1段敷設されています。(写真右下) 内部からは青磁器・黄瀬戸片・珠洲焼など生活の一端がかいま見れる遺物が出土しています。
目長崎神社(写真左)
太平城の北側に鎮座する永井氏の祈願所。