高岡館
秋田県秋田市金足高岡
立地・構造
 高岡館は馬踏川右岸の河岸段丘上(比高20m)に築かれた丘城で、頂部を主郭に北西・西・南西側に延びる3本の尾根上に郭を削平しています。西側は現在、水田となっていますが、当時は馬踏川の氾濫原(湿地帯)だったと推測されます。現在、西側の尾根には常福寺が、南西側の尾根には金足神社が祀られています。
歴史・沿革
 築城時期は南北朝期から室町初期と推定され、館主はこの地の国人領主高岡氏とされます。高岡氏の出自は不明ですが、馬踏川沿いには集落ごとに館があり、在地発生の零細領主が連合して一揆していたと推測されます。『福城寺過去帳』には、「江岸招山民禅定門、天正十四(1586)年十月十日高岡豊前守、船越合戦二出ル ・・・・」(「湊騒動」か?)とあり、この高岡豊前守が高岡館主と推測され、湊安東氏に組して船越に出陣したことを記したものと思われます。
高岡館  近景
メモ
馬踏川沿いの小土豪
高岡氏の館城
形態
平丘城
 別名
・・・・・・・・・ 
遺構
・・・・・・・・
場所
場所はココです
金足神社境内周辺
駐車場
常福寺駐車場拝借
訪城日
平成18(2006)年6月19日
常福寺
主郭から西側尾根先端には常福寺が建てられています。この辺で段丘崖は10m前後です。
高岡館近景
西側から見たところです。左側が常福寺で、中央頂部が主郭になります。周囲の水田は湿地帯と推測されます。
金足神社境内
南西側尾根先端には金足神社が祀られていますが、ここも郭だったのでしょう。郭の規模からすると、居館祉も想定されます。
南西側の尾根先端
写真の林には金足神社が祀られています。周囲は10m前後の段丘崖になっています。