宝川館
秋田県秋田市下北手宝川
立地・構造
 宝川館は宝川左岸の丘陵上(比高40m)に築かれた丘城で、小規模な単郭の砦と推測されます。郭配置はピークに配された主郭を中心に東・北・西側の痩尾根に郭が配置されていますが、どの郭も痩尾根を利用しているために、幅4−10mと小規模なものです。宝川館の北東麓には宝川集落があり、また南西麓には杉崎集落がありますが、大手口は不明。  (宝川館図
歴史・沿革
 築城時期・館主ともに不明。宝川館北方3kmには永井氏(大江氏)の居城大平城があり、大平城の支城も想定されます。いずれにせよ城域は狭く兵の駐屯能力は皆無に等しいことから、宝川流域の小谷を支配した勢力の監視施設と考えられます。またこの小谷を、下北手と岩見三内を結ぶ街道が通っていたことから、この監視施設としても機能していたと考えられます。
宝川館  遠景
メモ
在地勢力 永井氏の支城?
形態
丘城
 別名
 ・・・・・・・・・
遺構
郭・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成19(2007)年1月29日
西側尾根
登城は主郭の西側尾根から直登しましたが、南側の杉崎集落に降りて、再度南西側尾根を直登することになりました。熊笹が茂り登りにくい尾根道です。
堀切
南西側尾根を進むと、堀切らしきところがあります。写真では?ですが・・・・・
主郭切岸
主郭南西側の切岸です。高さ2−3mほどあります。
主郭
長辺10mの三角形の形の郭です。北から東側にかけて腰郭が配置されています。
腰郭
主郭の北から東側に帯状の郭が配置され、北・東端は堀切で区画されています。
二重堀切
写真ではわかりずらいですが、主郭東側の二重堀切です。深さ2−3mと小規模なものです。
堀切
右上の二重堀切の主郭側の堀切です。見事な薬研堀で、畝もきっちり残っています。
堀切
主郭・副郭(主郭北側の郭)間の堀切で、上辺4−5m・深さ3mほどあります。
副郭
主郭の北側に位置します。痩尾根をそのまま使用した郭で北西・北東方向に尾根が分岐します。
北東側尾根
副郭から北東側尾根には小規模な段郭が配置されています。
北西側尾根
副郭の北西側尾根は自然地形になっていますが、西縁に土塁をともなう郭も確認できます。
物見?
北西尾根先端は土壇状に高くなっていて、宝川館西方向の物見と思われます。広さは5−6m四方です。