風張城
秋田県北秋田市(旧阿仁町)阿仁吉田
立地・構造
 風張城は阿仁川の西岸、西から東側に張り出した丘陵突端(比高60m)に築かれた山城で、西側の丘陵続きを二重堀で断ち切って城域を区画しています。城の規模は東西200m×南北150mほど、内部は大きくは西側の本郭と東側の東郭から、規模は本郭が東西110m×南北120m、東郭が東西35m×南北15ー20mほど。
風張城概念図
本郭は西から東側になだらかに延びた緩傾斜を2−3mの段差で仕切った不規則な5段の段郭からなり、西側縁部には高さ3mの土塁が築かれています。大手虎口は本郭・東郭間の堀と想定され、導線は南側の苗代沢から繋がっていたと思われます。風張城は日常居館を含むコンパクトな縄張りの館城として築かれたと推測されますが、比較的要害性が弱いことから背後の丘陵に「詰の城」が想定されるのかもしれません。同地は阿仁川沿いに走る大覚野街道を見下ろす高所に位置しており、物見・監視機能を併せ持っていたと推測されます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。一説には大永5(1525)年、または天文元(1532)年に阿仁川上流域を支配した在地領主松橋孫三郎季盛により築かれたとされます。『奥羽永慶軍記』(あまり使用したくないのですが・・・・・・・・)の「湊檜山両家合戦覚書」には「一、仙北ノカドヤト云口ノ押へニハ、・・・・・・・・・大アニハ賀成常陸、右馬頭、小アニハ松橋美濃ヲサシ置キ・・・・・・・・・」と記され、天正16(1588)年の「湊騒動」(安東家の内訌)では同じく阿仁衆の嘉成氏とともに檜山城に籠城した安東実季に従っています。詳細な経緯は不明ですが、天正19(1591)年 季盛の子刑部盛光の代に、風張城は米内沢城主嘉成資清の攻撃を受けて落城したと伝わります。事件の背景には阿仁鉱山の支配権・「九戸の乱」の連座等緒説あるようですが、主家である安東氏が事件に関わり行動した記録がないことから、安東氏も黙認した軍事行動と推測されます。
風張城  本郭内部
メモ
阿仁衆 松橋氏の館城
形態
山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・櫓台?・堀
場所
場所はココです
駐車場
城祉登り口標柱前の
路側帯に駐車スペースあり
訪城日
平成18(2006)年12月15日
平成20(2008)年5月1日
風張城は阿仁川の左岸、阿仁吉田地区西側の丘陵先端に築かれた山城です。(写真左上ー東側からの遠景) でっ、風張城へは国道105号沿いの「風張城址」標柱から苗代沢林道方向(未舗装道路)に進み(写真右上)、しばらく進むと林道沿いに「風張城址登り口」の標柱が設置されていて、ここから山道を登ります。(写真左) でっ、山道の正面には高さ15mほどの城塁がそそりたち(写真左下)、じきに本郭・東郭間の堀切に辿り着きます。(写真右下)
本郭・東郭間の堀は幅7−8m・深さ3−4mほど、現在は農道で改変されていますが、たぶんここに大手虎口が構えられていたのでしょう。(写真左上)
東郭(写真右上)
規模は東西35m×南北15ー20mほど、西端には高さ1.5mの櫓台と思われる土壇が築かれ(写真右)、東側下には1段腰郭が敷設されています。(写真左下) 規模は東西20m×南北10−15mほど。城域東端に位置しており、基本的には大手虎口を守備するとともに阿仁川沿いの街道筋を監視する機能があったものと思われます。
(写真右下) 東郭から本郭方向
本郭
規模は東西110m×南北120mほど、内部は西から東側になだらかに傾斜する緩斜面を利用した不規則な5段の段郭群に加工されています。(写真左上ー5段目の郭 写真右上ー2・3段目の郭 写真左ー2・3段目の郭間の切岸 写真左下ー最上段の郭) 各郭間の段差は2−3mほど、西側縁部には下幅6−7m・高さ2−3mの土塁が築かれ(写真右下)、中央部に虎口と思われる切り込みが見られます。(切り込みは林業作業用に後世、切られたものかも?) また南側縁部には近世の多聞櫓に想定される幅10−15m・高さ3mの長櫓台が築かれています。
(写真左上) 本郭の西虎口?
(写真右上) 本郭南側の長櫓台
 
本郭の西側には大規模な二重堀が穿たれ城域を独立させています。このうち残存している内堀は幅6−7m・深さ3−4mほど(写真右)、外堀は山崩れにより埋もれていますが、かすかに北側に痕跡が見られます。(写真左下) また二重堀は北側で合流し長大な「斜め堀」になっています。(写真右下) 本郭北西端の比高差は10mほど。