神 馬 沢 館
山形県鶴岡市(旧温海町)小国字川向
立地・構造
 神馬沢館は庄内南部の中山間地、庄内小国川中流域右岸の独立丘陵(比高50m)に築かれた丘城です。規模は東西80m×南北200mほど、城縄張りは頂部を加工した主郭を中心に 北・南側稜線を段郭群に加工したシンプルな構造になっています。主郭の規模は東西20m×南北50mほど、東・西側には低い段差で帯郭が敷設されています。段郭群は高低差2−5mで構築され、最大規模で東西25m×20mほど、大部分は幅2−3m前後の小郭で構築されています。また南側稜線には堀切 ー 横堀が見られます。神馬沢館は庄内小国川沿いに脇往還が通る交通の要衝に位置し、また南方1kmには小国城があり、小国城の機能補完する前衛陣地・支城として取り立てられたものと思われます。

 築城時期・築城主体ともに不明。伝承によると小国城の支城として、小国因幡守の家老が在城したと伝えられます。
神馬沢館 概念図
歴史・沿革
神馬沢館 南側の横堀
メモ
小国城の支城
形態
丘城
別名
蔵王山
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成29(2017)年4月27日
神馬沢館は庄内小国川右岸の小高い丘に築かれた丘城です。(写真左上ー北西側からの遠景) 現在、館の周囲は水田で囲まれていますが、往時は庄内小国川の氾濫原だったのでしょう。でっ、管理人は北西麓の小屋の脇に山道を見つけ、ここからアプローチしましたが(写真右上)、山道は里神社の参道だったようです。里神社は谷状地形に祀られていて(写真左下)、管理人はここから主郭を目指して直登を開始しました。(写真右)
里神社と主郭との高低差は25−30mほど、この間の北側稜線は段差2−4mで7段の段郭群に加工され、導線は段郭群を縫うように敷設されていたのでしょう。(写真左上ー最下段の郭、規模は東西15m×南北10mほど 写真右上ー4段目と5段目の段郭、規模は幅2mほど 写真左ー2段目・3段目の段郭、規模は幅2mほど 写真左下ー現在、見られる導線) 
 
主郭(写真右下)
頂部を加工した南北に細長い平場で 規模は東西20m×南北50mほど、西・東側下には段差1−1.5mで幅2−4mの帯郭が巻かれています。
(写真左上) 西側の帯郭
(写真右上) 東側の帯帯
 
主郭の南側稜線も北側同様 2−4mの段差で5段の段郭群に加工され、下段郭の先は3m切り落として堀切 ⇒ 横堀で処理されています。(写真右ー南側1段目の郭、東西25m×南北20mほど 写真左下ー南側3段目の郭、幅2mほど 写真右下ー南側5段目の郭、東西15m×南北7−8mほど)
南側の横堀 南側の横堀