青 篠 城
岩手県奥州市(旧江刺市)江刺区玉里・青篠
立地・構造
 青篠城は人首川の右岸、北から南方向に張り出した稜線突端(比高60m)に築かれた山城で、稜線続き以外の三方は急峻な断崖になっています。城の規模は東西60m×南北120mほど、城縄張りは山頂部に構築された主郭と南側稜線に設けられた南郭からなる小規模な連郭構造の城砦です。規模は主郭が東西30m×南北50m、南郭が東西15−20m×南北40mほど、主郭・南郭間は高さ10−15mの緩斜面で区画されています。主郭内部は低い段差で区画された3郭からなり、中央北端に櫓台と思われる土壇が築かれています。青篠城最大のみどころは主郭背後の斜面を抉った高低差のある二重横堀でしょう。上の横堀は主郭から3−4mの切岸で仕切られ、「武者隠し」のようなパーツと思われます。また下の横堀は主郭の北東ー北ー北西側斜面を弧状に囲ったもので上の横堀とは高さ5−6mの切岸で仕切られています。下の横堀の北側稜線には堀切は見られず、背後稜線に対しては二重横堀が防御ラインになっていたようです。大手導線は南西麓からの現在の登山道がこれを踏襲したものと推測され、また搦手は北側稜線に設けられていたと思われます。全体的に規模は小さく恒常的な居住
青篠城 概念図
空間とは思われませんが、比高差は小さいものの比較的 傾斜のキツイ要害地形を利用して構築されており、有事の際「避難郭」あるいは物見砦として使用されたものと推測されます。なお同地は気仙から江刺に繋がる「盛街道」の要衝に位置します。

 築城時期・築城主体ともに不明。城主は奥州葛西氏の被官で岩谷堂城主 江刺氏に与力し、のちに江刺氏の執政職(家老)となった角懸菊池氏とされます。菊池氏は肥後菊池氏の庶流と伝えられ、永正年間(1504−20年)頃 葛西氏を頼って陸奥に移住し、「角懸郷」に所領を宛がわれたと伝えられます。(菊池氏の出自については諸説あるようです) 天正15(1587)年、江刺兵庫頭重恒が義兄の浜田安房守広綱(米ヶ崎城主)と結んで葛西太守に謀反を企てると、菊池右近恒邦は嫡子の太田代伊予守(太田代城主)とともに重恒に諫言しましたが、このため菊池氏は江刺勢の攻撃を受けて伊予は討たれ、右近は「江刺郷」から逃れたと伝えられます。
歴史・沿革
青篠城 北西側からの遠景
メモ
岩谷堂江刺氏の執政職 角懸菊池氏の要害
形態
山城
別名
古館
遺構
郭(平場)・土塁・櫓台?・虎口・堀・土橋
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成23(2011)年11月13日
青篠城は人首川の北岸、青篠地区背後の丘陵上に築かれた山城です。(写真左上) 城山背後の丘陵続きには江刺東中学校があり、場所はすぐに特定できます。でっ、城へは西麓を通る道路沿いに説明板が設置され、脇の農道からアプローチできます。(写真右上ー車の場合、この近辺の空地に駐車したほうがBETTER) しばらく進むと民家があり、さらに進むと城山の南東麓に辿り着き、ここから登山道が設けられています。(写真左ー誘導杭・案内板は特になし) 登山道はキッチリ敷設されており、迷うことはありません。(写真左下) 中腹には郭と思われる平場が設けられていて、ここからが城域になるようです。(写真右下)
でっ、下の郭から少し登った場所にあるのが主郭の腰郭になります。(写真左上) 規模は東西20m×南北7−8mほど、主郭とは3−4mの段差で仕切られています。
主郭(写真右上)
規模は東西30m×南北50mほど、内部は低い段差で3郭に分割されているため、それほど広くは感じられず、恒常的な居住空間ではないようです。中央北端には高さ2m×15m四方ほどの土壇が築かれており、ま〜〜〜 櫓台?と思われます。(写真右・左下) 土壇上には城址標柱が建てられています。   (写真右下) 東側の郭
青篠城最大の見どころは北側稜線に敷設された二重横堀でしょう。山城の場合、稜線を堀切で断つのが一般的ですが、青篠城の場合 稜線が比較的 急斜面になっているため、堀切を用いずに横堀で処理されたのでしょう。このうち上の横堀は主郭とは3−4mの切岸で画され、縁部には高さ2mの土塁が築かれていて、「武者隠し」のような性格があったものと思われます。(写真左上・右上) 下の横堀は上の横堀とは5−6mの切岸で仕切られ、城山の北東ー北・北西側斜面を弧状にカバーしています。(写真左下・右下) で、上の横堀と下の横堀間の南西側に導線と土橋が敷設され、搦手ルートが設けられていたのでしょう。(写真左)
秋田の中世を歩く