五 位 塚 墳 墓
岩手県奥州市(旧江刺市)江刺区岩谷堂字五位塚
 五位塚墳墓は北上川東岸の小高い丘に構築された墳墓群で、『安永風土記』によると全部で大小63基の墳墓があったとされます。このうちもっとも大きなものが奥州藤原氏の祖藤原清衡の父経清(つねきよ)(従五位下)の墳墓とされます。経清はもともと陸奥国亘理郡を地盤とする在庁官人で「亘理権太夫」を称していましたが、永承6(1051)年 「前九年の役」が勃発すると当初、源頼義方に加担し、その後 安倍頼時方に属しました。しかし康平5(1062)年、乱は出羽国の俘囚長清原氏の支援を受けた源頼義方の勝利で終結し、経清は捕縛されて斬首されたと伝えられます。現在、経清の墳墓の上には新しい五輪塔が建てられています。   (場所はココです)