森 山 館
青森県西津軽郡深浦町(旧岩崎村)森山
立地・構造
 森山館は津軽の西海岸、日本海に突き出した半島状の丘陵上(比高50m)に築かれた平山城で、規模は東西350m×南北180mほど。内部は主丘陵に築かれた本郭・副郭と痩尾根で繋がった断崖上に構築された物見郭からなり、規模は本郭が東西?m×南北150m、副郭が東西30m×南
森山館概念図
北60m以上、物見郭が幅7−8m×長さ50mほど。(本郭は明確な遺構が見られず規模・構造とも不明瞭) 副郭・物見郭間は痩尾根で繋がり、鞍部は二重堀で遮断されています。このうち副郭側の堀切から副郭に繋がる導線らしきものが見られることから、ここが大手口と推測され、また堀切自体は北から南側に抜ける主街道の峠だったのでは?。物見郭は南北に細長い絶壁の断崖上に築かれた5段の段郭群からなります。同地は津軽西街道を完全に封鎖した丘陵上に築かれており、軍事的な性格をもった城砦と推測されます。

 築城時期・築城主体ともに不明。『北海史』には「天文十五年春、出羽国河北郡深浦森山の館主飛騨守季定、安東氏に叛きしかば安東尋季父子兵を率いて之を討ち、蠣崎季広をして搦手を攻めしむ。季広乃ち津軽の小泊に渡り、森山に着せり。館内水乏しけれども敵を欺かんがため水桶を担いで出入せしむ。季広遥に射て担夫を殺し、館遂に堕ちたり」と記され、森山館は戦国中期頃までには存在し、檜山城主安東尋季の被官森山飛騨守季定が在城していたことが知られます。当時、津軽西海岸から蝦夷地は檜山安東氏の支配下に置かれ、森山飛騨守季定はこの地を守備した檜山安東氏の被官と推測されます。また蠣崎季広は後に松前藩祖となる松前慶広の父で、この当時は檜山安東氏配下の「松前守護」でした。慶長5(1600)年の「関が原の戦」後、安東氏と津軽氏で領地の境界線が設定されると、津軽西海岸は津軽領となりました。そして津軽為信は森山館に小野茶右衛門を配置して安東氏・佐竹氏に対する押さえとしましたが、二代信牧の代に茶右衛門に専横な振る舞いがあったとして、信牧は大間越奉行笹森勘解由に命じてこれを討たせたと伝えられます。その後の森山館の消息は不明ですが、まもなく廃城になったと推測されます。なお幕末期には沿岸警備のための狼煙台が置かれたとされます。
歴史・沿革
森山館 物見砦の遠景
メモ
檜山安東氏勢力下の監視砦
形態
平山城(崖縁城)
別名
茶右衛門館 
遺構
郭・土塁・虎口・堀
場所
場所はココです
駐車場
登り口に駐車スペースあり
訪城日
平成19(2007)年6月23日
平成23(2011)年4月12日
森山館は日本海に突き出した丘陵上に築かれた平山城で、突端部に築かれた物見郭と尾根鞍部を挟んだ主丘陵に構築された本郭部からなり(写真左)、津軽西街道を遮断する要衝地に位置します。城へは南麓の登り口から散策路が設けられ(写真左下)、物見砦まで行くことができます。(登り口には城址への誘導杭・簡単な説明板あり) 登山道は相当崩落していますが、道形は明確になっており(写真中下)、しばらく登ると進行方向右側に二重堀の1条目が見えてきます。(写真右下)
二重堀の1条目の堀切(写真左上)は本郭と稜線鞍部間の緩斜面を断ち切ったもので、規模は幅10m・深さ6−7mほど。本来は木戸を兼ねたものと思われ、北麓からの山道は堀底に繋がり(写真右上))、また堀切から副郭へは明確な通路が見られます。(写真右) 以前は藪が酷く、本郭方向に立ち入れなかったのですが、今回は本郭へ向かいました。副郭(写真左下)の規模は東西30m×南北60m以上?ほど、西側縁部には低めの土塁が築かれているようですが、藪が酷く不明瞭。本郭とは3−4mの段差で仕切られ、スロープ状の通路で繋がっています。本郭(写真右下)は全体が藪・笹竹・萱に覆われ、規模・構造等は不明。
本郭・物見郭間は稜線鞍部を利用した自然の堀で断ち切られ(写真左上)、導線はこの鞍部を通り物見郭に繋がっています。(写真右上) 
物見郭(写真左)
規模は幅7−8m×長さ50mほど、内部は2−3mの段差で区画された5段の段郭群に加工されています。最大の郭は突端に築かれた平場(写真左下)で規模は15m×5−6mほど、3段目と5段目の郭には風除けと思われる土塁が築かれており、ここに小屋掛けがなされていたのでしょう。しかし・
・・・・・・、眺望は素晴らしく、特に岩崎方向はメチャクチャよく見え(写真右下)、軍事的な要衝地として重要視されたのは間違いないでしょう。