町館
秋田県能代市二ツ井町荷上場
立地・構造
 町館は蛇行する米代川に藤琴川が合流する藤琴川右岸の丘陵上(標高87m 比高70m)に位置する山城で、北側尾根を堀切で遮断し城域を区画した連郭式の館城です。城縄張りはシンプルなもので、頂部を主郭に北・南側に浅い空堀で区画した小郭(北郭・南郭)を配置し、本郭の南側には南出丸と想定される小郭が配置されています。大手筋と想定される南出丸南側は堀切で遮断し、緩斜面の西側斜面には竪堀として延ばしています。本郭は東西30−40m×南北130−140mの規模を有する郭で主殿等が想定されることから、町館は古いタイプの館城と考えられます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。菅江真澄の『しげき山本』には「荷上場の梅林のしりなる山に柵ありて、額田甲斐守という主住す」と記され、額田甲斐守が居住したとされます。『黒甜瑣語』によると、延亨年間(1744−48年)に梅林寺で「羽州扇田ノ住浅利勘兵衛則章 死する年十八歳 干時応仁戌子九月二十日」と記された木棺が堀り出されたことから、応仁の頃には比内浅利氏の勢力下にあった「国境」の支城として、浅利氏の被官額田甲斐守が在城していたとされます。時期不詳ですが、額田甲斐守は高岩山密乗寺と対立し同寺で誘殺されたと伝えられ、この時に町館は落城したと考えられます。その後、町館には安東政季が長亨2(1488)年に長木大和守の謀反で自害するまで在城したと考えられます。その後の町館の消息は史料に現れませんが、安東氏の藤琴川下流域を支配する拠点として機能したと推測されます。
 『八戸湊文書』の『下国伊駒安陪姓の家譜』には次の一文が記載されています。「文明二年正月二十九日、政季津軽に攻め入り、藤崎の館を攻めて引き退く。しかるのち、長木大和守謀反を起こし、長亨二年三月十日、河北糠野城にて政季生害す。森山飛騨守御頸を討ち奉るなり。泰巌京公大禅定門と号す。」 この一文は檜山安東氏初代政季のことを記したものですが、政季について記載された史料はまことに少なく、時系列にすると以下のようになります。
  • 亨徳3(1454)年 下北から武田信広とともに蝦夷地に逃れ、花沢館主蠣崎季繁のもとに身を寄せる
  • 康正2(1456)年 秋田湊城主安東尭季の誘いを受けて小鹿島に移る
  • 文明2(1470)年 津軽に侵攻し藤崎城を攻略するものの退却
  • 長亨2(1488)年 河北糠野城で生害
 以上が、史料に見られる政季の動向ですが、不明点が多くなかなか点と点が結びつかないため、当時の歴史背景から推測して整理したいと思います。政季の出自は、南部氏により津軽を追われた十三安藤氏嫡流盛季の弟潮潟四郎道季の孫と伝えられ、1420−30年頃に生まれたと推測されます。亨徳2(1453)年、津軽回復を目指した盛季の孫安藤義季が南部氏との戦闘で自害し安藤氏嫡流が断絶すると、南部氏は蝦夷地に広く分布する安藤氏一族を掌握するため政季に下国家を再興させ、下北に所領を与えます。(この当時は生駒政季を称したらしい) しかし翌3(1454)年、政季は南部氏に反旗を翻し、下北蠣崎を領していた武田信広(松前氏の祖)と蝦夷地に逃れ、花沢館主蠣崎季繁の庇護を受けます。この間、政季は道南の渡り党を掌握し、「上国守護」(花沢館)に蠣崎季繁を、「下国守護」(茂別館)に弟家政を、「松前守護」(松前大館)に下国定季(安藤義季の弟)を任じます。そして康正2(1456)年、蝦夷地を盤石にした政季は同族の秋田湊城主安東(上国)尭季の誘いを受けて小鹿島(男鹿島)に移ります。この当時、上国家は仙北郡を支配下に置いた南部氏に圧迫され、政季を支援するだけの余力はなかったと思われますが、津軽から蝦夷地まで一定の勢力を保持した政季を河北郡(米代川下流域)に配置することで、鹿角・比内から米代川沿いに侵攻する南部勢力(浅利氏・葛西氏)に対する防御ラインにしたと思われます。政季が河北郡に侵入した当時、河北郡には葛西秀清という支配者がいましたが、この人物については史料がなく不明。応永18(1411)年、南部守行が出羽に侵攻し狩場野(刈和野)で安東某と武力衝突した時に、登米城主葛西伯耆守持信が南部軍に加勢していることから(『南部叢書』「聞老遺事」)、陸奥葛西氏の一族が入封した可能性があるようです。政季と葛西氏の抗争は、応仁年間(1467−68)頃まで続き政季・忠季父子の勝利で終結したと推測されます。そして河北郡を平定した政季の目は旧領津軽に向いていたと思われますが、ここでまた障壁が現れます。当時、米代川上・中流域を支配していた比内浅利氏です。浅利氏の当時の当主は不明ですが、南部氏と同盟を結んだ強国で、鎌倉期に地頭職として入部以来綿々と続いた名家です。紀州熊野に伝わる『米良文書』によると、比内徳子(独鈷)郷の浅利氏が嘉吉元(1441)年、那智に願文を奉じていることから比内の独鈷に拠点を置いていたと考えられます。後世の史料では中興の祖浅利則頼(1504−50)の代に独鈷城を拠点に比内を支配したとされていますが・・・・・・・・。ここでもう一つ浅利氏に関する史料があります。『黒甜瑣語』には「秋田郡荷上場村に梅林寺と云、古刹あり。延亨の頃、井戸を掘らんとせし時、地下より鐡物打の大槨(ひつぎ)を掘出しけり、・・・・・・・・・ 蓋の下に羽州扇田ノ住浅利勘兵衛則章 死する年十八歳 干時応仁戌子九月二十日と板に・・・・・・・・・」と記され、応仁2(1468)年に浅利氏の御曹司(?)が死去し浅利領西端の古刹に弔われたとともに、当時の浅利氏の支配圏が荷上場(町館)周辺まで及んでいたことがわかります。ここからは管理人の推測になります。政季が葛西氏を滅ぼした時、隣国には強国南部氏をバックにした浅利氏が存在し、政季の津軽侵入を阻んでいます。このため政季は浅利氏の分裂を図り、浅利氏庶家(後の則頼の家系)を支援して浅利嫡流に対してクーデターを起させたのではないかと推測されます。このクーデターは応仁年間頃に勃発し、浅利嫡流と思われる則章は町館まで逃れるものの、ここで殺害(毒殺?)されたのではないかと思われます。このため浅利氏を乗っ取った則頼の家系は、前浅利氏の存在を消去するため史料の改ざんを行い、後世則頼を浅利氏中興の祖としたのでしょう。またこの時に、前述した額田甲斐守と高岩山密乗寺の抗争が勃発し、浅利氏の重臣額田氏は没落し町館は落城したと推測されます。また密乗寺の背後には政季がいたのかもしれません。津軽への道筋を確保した政季は文明2(1470)年、津軽侵攻に踏み切ります。しかし政季の率いる安東軍は藤崎城で同族で南部氏の支配下にあった安藤義景と浪岡城主北畠顕義の抵抗を受けて撤退を余儀なくされました。史料には現れませんが、その後も政季は津軽侵攻を繰り返し嫡男忠季を本拠檜山に残し町館を居城にしたと推測されます。政季の度重なる津軽侵攻に掛かる軍役と矢銭は膨大なもので、このため政季は湊安東氏と対立を深めたのでしょう。それ以上に政季の行動に危機感をつのらせたのは比内浅利氏と推測されます。政季に謀反を起こしたのは家臣の長木大和守とされていますが、苗字から推測すると比内出身だったのではないでしょうか。家臣というより、なんらかの事情で比内浅利氏から檜山安東氏に派遣されていた客将だったのかもしれません。当然、城内に入り込むとなると政季に信頼を得ねばならず、相当長い期間にわたり家中に入り込んでいたのだと思われます。そして大和守は長享2(1488)年8月10日(9月15日)、不意をついて城内に乗り込み、政季を自害に追い込みました。大和守の背後には比内浅利氏の思惑があったのかもしれません。その後の長木大和守の消息は不明、政季の墓所も伝わっていません。政季の死後、安東氏と浅利氏の抗争は伝わっていませんが、小規模な局地戦はあったのかもしれません。そして政季の死から70年経った永禄5(1562)年、阿仁嘉成氏を支配下に置いた檜山城主安東愛季は比内に侵攻し浅利則祐を自害に追い込み比内領を併呑しました。
町館  北側尾根の堀切
メモ
比内浅利氏領の「境目の城」
 
別名
館平城・糠野城
形態
山城
遺構
郭・土塁・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成20(2008)年5月6日
町館遠景
(写真左)北側から荷上場方向を見たところ。現在、藤琴川は堤防で河道が固定されていますが、往時は蛇行しながら米代川と合流し、町館東麓は湿地帯(氾濫原)だったと想定されます。このため荷上場は中世には糠野と呼ばれていました。 (写真右)町館を東側から見たところ。町館は典型的な連郭式山城の形態を見せ、相当古い縄張りで築かれています。写真前面が前述の藤琴川の氾濫原で、現在は肥沃な農地になっています。
町館へは南西麓、民家の途切れたあたりから鉄塔保守点検用の山道らしきもの(道の体裁はとっていませんが、目印のリボンがあります)が南側尾根まであります。 南側の尾根
南側尾根先端部分は削平は甘いですが、側面には郭状に区画された箇所も見られ、城域の一部と思われます。ここから南側は急斜面で山麓に落ち込んでいます。
堀切
南側尾根の上段(麓から見える鉄塔位置)と南出丸間は堀切で分断されています。堀幅5−6m・南出丸側の深さは7−8mほどあり、緩斜面の西側斜面では竪堀(写真右)となっています。
南出丸
7−8m四方の小郭。大手筋と想定される南側尾根と比高差があることから、大手を監視する前衛陣地と考えられます。
空堀
南出丸と本郭間は幅30mの巨大な空堀で分断されています。ここも緩斜面の西側斜面は数段の段郭で処理されています。
南郭
東西20×南北30mほど。南側の空堀との比高は10mほど、腰郭が1段配置されています。
空堀
主郭・南郭間は幅6−7m・深さ2mの浅い空堀で遮断されています。
主郭
東西30−40m×南北130−140m。かなり広大な郭ですが、内部・外部ともに見通しは利きません。東。西側ともに急峻な断崖になっています。中央には郭を南北に分割する低めの仕切り土塁(写真右)が築かれています。
空堀
主郭と北郭を分断した空堀で幅6−7m・深さ2mほど。ここから北郭間には土塁が築かれ、北郭は3−4m下に位置していることから、武者隠しとも想定できます。
北郭
武者隠し(?)から北郭を見たところ。北郭は20m×30mの小郭で、武者隠し(?)から見下ろすことができます。
堀切
北郭北側尾根はお決まりの堀切で遮断されています。傾斜地を利用しているため深さ2mほどと浅いものですが、北郭側の切岸は7−8mあります。
高岩山
主郭からは唯一北東方向が眺望できます。正面に見える高岩山は中世には僧兵を擁した仏教勢力の拠点で、額田氏時代には抗争を引き起こしています。