秋田内陸縦貫鉄道 各駅撮影の旅
北秋田市鷹ノ巣駅ー仙北市角館駅
 秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線(通称あきた美人ライン)は北秋田市の鷹巣駅と仙北市の角館駅を結ぶ第三セクターの鉄道路線で、もともと旧国鉄時代の阿仁合線と角館線をもとに旧国鉄時代に開業できなかった未開通区間を建設・開業して現在の路線としています。内陸線の奔る阿仁・北浦地域は奥羽山脈と出羽丘陵に挟まれた狭隘地になっていて、阿仁川・檜木内川に沿って鉄路が敷設され、現在の総営業距離は94.2km。同ルートは大館・鹿角から仙北に抜ける最短ルートになっていて、国道105号が建設されています。なお御存じの方も多いと思いますが、この地域は秋田県内有数の豪雪地帯でなおかつ過疎・極端な少子高齢化地域です。このため第三セクター移行後、理由はいろいろありますが、毎年のように存廃問題が起こっています。
  • 昭和9(1934)年 阿仁鉱山からの鉱石輸送のため阿仁合線を建設、鷹ノ巣駅ー米内沢駅間開通
  • 昭和11(1936)年 阿仁合線、阿仁合駅まで延伸
  • 昭和38(1963)年 阿仁合線、比立内駅まで延伸
  • 昭和46(1971)年 角館線、角館駅ー松葉駅間開業
  • 昭和59(1984)年 阿仁合線と角館線、建設予定線を引き継いだ第三セクターの秋田内陸縦貫鉄道(株)設立 
  • 同61(1986)年 秋田内陸北線、秋田内陸南線として暫定開業
  • 平成元(1989)年 南北両線を結ぶ新線が開通し、内陸線に改称
   秋田内陸縦貫鉄道株式会社公式HP 
鷹巣駅(写真左上)
秋田内陸線の北の玄関口。駅舎はJR鷹巣駅と別になっていますが、ホームはJRと一緒になっています。ちなみに鷹巣町は近世の在郷村として発達した北秋田郡最大の町ですが・・・・・・・・、現在 駅前はシャッター通りになっています。(写真右上)
西鷹巣駅(写真左) 鷹巣駅から1.3km
官公庁が近かったため、第三セクター開設時に新設された駅。
小ヶ田駅(写真左下) 西鷹巣駅から2.4km
近くには秋田キタ空港の空港アクセス道路建設時に発見された伊勢堂岱遺跡があります。(写真右下)
あきた北空港(写真左上)
正式名称 大館能代空港。平成10(1998)年開業。現在は羽田便が2往復就航。便数は少ないが地元の人には便利になったな〜〜〜。おまけに駐車場はタダ。
大野台駅(写真右上) 小ヶ田駅から2.4km
開拓地である大野台の北端に位置します。
合川駅(写真右) 大野台駅から3.6km
上杉駅(写真左下) 合川駅から2.4km
駅舎は複合型施設「上杉あいターミナル」に併設されています。北西500mには文禄年間(1592−96年)、上杉の領主上杉半左衛門により再興された上杉八幡神社が鎮座しています。(写真右下)
米内沢駅(写真左上) 上杉駅から2.9km
米内沢は中世阿仁を支配した嘉成氏の本拠で、近世には阿仁川舟運の集積地として栄えました。(写真右上ー阿仁川沿いの舟着場)
桂瀬駅(写真左) 米内沢駅から5.5km
近くに「笑う土偶」が出土した白坂遺跡があります。
阿仁前田駅(写真左下) 桂瀬駅から4.7km
田舎には不似合いなデカイ駅舎ですが、実は駅舎は温泉施設を併設した複合施設「クウィンス森吉」として平成7(1995)年に改築されたもの。米代川を挟んだ西方400mには中世の城館前田館があります。
(写真左上) 小又川を渡るAN8800系
前田南駅(写真右上) 阿仁前田駅から1.9km
 
小渕駅(写真右) 前田南駅から2.0km
米代川を挟んだ西方1kmには嘉成氏と並ぶ阿仁衆松橋氏の風張城があります。(写真左下)
阿仁合駅(写真左下) 小渕駅から4.0km
秋田内陸縦断鉄道の本社のある中心駅。近世には秋田佐竹藩直営の阿仁鉱山で栄え、現在でも鉱山に関した遺跡が多数残る。
(写真左上) 阿仁合駅AN-8900形 軽快ディーゼル動車
(写真右上) ラッセル車
 
阿仁異人館(写真左)
正式名称阿仁鉱山外国人宿舎。明治12(1879)年、ドイツから招聘した鉱山技師アドルフ・メッケルらの宿舎として建設されたもの。メッケルらが離日後は政府高官・鉱山関係者の娯楽施設・迎賓館として利用された。(写真左下ー内部)
荒瀬駅(写真右下) 阿仁合駅から2.3km
萱草駅(写真左上) 荒瀬駅から2.7km
笑内駅(写真右上) 萱草駅から2.6km
地名の語源はアイヌ語の「オ」(川尻)、「カシ」(仮小屋)、「ナイ」(川)に由来する。西方1.5kmには阿仁マタギの集落根子があります。
岩野目駅(写真右) 笑内駅から2.4km
比立内駅(写真左下) 岩野目駅から2.8km
旧国鉄時代の阿仁合線の終着駅。現在、駅舎はJAの営業所になっています。でっ、ここから南に延びる鉄路が第三セクター以降に建設されたもの。(写真右下)
奥阿仁駅(写真左上) 比立内駅から3.7km
比立内から鉄路は土堤上に敷設されています。(たぶん豪雪に備えたものなのでしょう) このため駅舎へは階段で登るようになっています。
阿仁マタギ駅(写真右上) 奥阿仁駅から2.5km
阿仁マタギの集落打当にあります。阿仁マタギから次の戸沢駅までは全長5.7kmの「十二段トンネル」で繋がっています。
戸沢駅(写真左・左下) 阿仁マタギ駅から9.2km 旧西木村の北端集落。駅から南西500mには中世戸沢氏時代の「境目の城」戸沢城があります。(写真右下)
 
上檜木内駅(写真左上) 戸沢駅から4.3km
毎年2月10日には「紙風船上げ」という行事が行われます。「風船上げ」の由来は不明、伝承では江戸中期 秋田藩に招かれた平賀源内が熱気球の原理を応用した遊びとして広めたとも。
左通駅(写真右上) 上檜木内駅から1.8km
羽後中里駅(写真右) 左通駅から3.8km
国の選択無形民俗文化財に指定されている奇習「カンデッコあげ」行事が毎年旧暦の1月15日に行われています。「カンデッコあげ」行事については現地の説明板を参照してください。(写真左下・右下ー行事の行われる桂の大木)
松葉駅(写真左上) 羽後中里駅から4.2km
旧国鉄角館線の終着駅。また旧檜木内村の中心地で檜木内川中流域では最大の平地になっています。
羽後長戸呂駅(写真右上) 松葉駅から2.8km
八津駅(写真左) 羽後長戸呂駅から5.0km
春のカタクリは有名です。
西明寺駅(写真左下) 八津駅から3.9km
旧西木村は西明寺村と檜木内村が合併してできた村で旧西木村役場は西明寺に置かれていました。でっ、当地は戸沢氏が角館城に移るまで拠点としていた地域で、このため門屋城古堀田城等 戸沢氏関連の史跡が散在しています。(写真右下ー門屋城)
(写真左上) 古堀田城
 
羽後太田駅(写真右上) 西明寺駅から3.2km
角館駅(写真右) 羽後太田駅から4.1km
秋田内陸線の南の玄関口。現在、駅舎はJRとは別になっています。(写真左下ーホームのAN8800系軽快気動車) 角館は「みちのくの小京都」と称される佐竹北家の城下町、現在でも旧武家屋敷街の表町・勝楽町界隈には黒板塀や武家屋敷が残っています。(写真右下ー表町上丁界隈)  角館観光協会公式HP