根 城
秋田県山本郡藤里町粕毛字根城岱
立地・構造
 根城は粕毛川の中流域、左岸の舌状台地先端に築かれた平山城です。城の規模は推定東西80m×南北70mほど、西側の台地続きを堀切で遮断した単郭構造の城館と推測されます。

 築城時期・築城主体ともに不明。粕毛村の神職青山氏の『粕毛村神社書上書』には「開祖錦戸殿 根城に居住、その後 比内達功森にて死去、正治二(1200)年四月、樹涼院暑葉了然大居士」と記され、この錦戸氏が城主と推測されます。
歴史・沿革
根城 北側からの近景
メモ
・・・・・・・・・
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成29(2017)年6月15日
根城は粕毛川北岸の舌状台地先端に築かれた平山城です。(写真左ー南東側からの遠景) でっ、城は北ー東ー南側を段丘崖で画し、西側を堀と土塁で遮断した単郭構造の城館だったようですが ・・・・・・・・・、堀と土塁は開墾等により消滅し、南側は道路敷設で大きく改変されています。(写真左下) でっ、内部は耕作地になり、南西隅に神社(『秋田県の中世城館祉』によると三ヶ月堂?とも お星様?とも)が祀られています。(写真右下)