青森県の史跡
 平 山 家 住 宅
青森県五所川原市湊
 平山家住宅は代々、津軽藩広田組代官所の手代や庄屋をつとめた地方役人平山家の住宅として建てられたもので、津軽の豪農屋敷の典型的な建物です。母屋が建てられた時期は不明ですが『平山日記』によると明和6(1769)年に作り直したとの記述があり、それ以前に建てられたものと思われます。母屋の規模は間口十七間(32.9m)、奥行六間(12.7m)、茅葺・寄棟つくりになっています。また表門は津軽藩における功績から特に十代藩主信順に赦されて天保元(1830)年に建築された茅葺長屋門。五所川原市重要文化財指定。   (場所はココです)
 表門
 母屋外観
 母屋外観
 母屋玄関
 土間(にら・とろじ)
 だいどころ
 じょうい(常居)
 おくざしき・おもてざしき
 庭園
 文庫蔵
 離れ座敷
 離れ座敷内部