馬場目城
秋田県南秋田郡五城目町馬場目
立地・構造

馬場目城概念図
 馬場目城は馬場目川中流域の右岸、馬場目川と袖ノ沢に挟まれ東から西側に張り出した丘陵上(比高60m)に築かれた平山城で、東側の丘陵鞍部を自然の堀として城域を区画しています。規模は東西350m×南北100mほど、城縄張りは東端に構築された本郭を中心に西側になだらかに延びた稜線を階段状に加工した単調な構造になっています。本郭の規模は85−90m四方ほど、内部は50cmの段差で仕切られた東西の2段構造になっていて、上段の北東端には東西15m×南北25m・高さ1mの方形郭が、背後(東縁)には高さ3−4m・幅10−15mの土塁(土壇?・多聞櫓?)が構築されています。また土塁の東側は6−7m切り落として南北に細長い平場が設けられ、東側の鞍部方向に備える構造になっています。本郭の西側に設けられた段郭群は最大3−4mの段差で仕切られ、規模は東西15−25m×南北40−50mほど、最下段の郭が規模が大きく東西90m×南北45mほど。中盤の郭には桝形と思われる小郭が、大手口が想定される西端には外桝形と思われる小郭が設けられています。全体的に単調な構造の城館ですが、馬場目川を自然の濠とした要害地形を巧みに利用し、基本的には在地勢力の日常居館・根小屋を兼ねた館城として築かれたと推測されます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。城主馬場目氏は湊安東氏の庶流とされ、この地に分知されて馬場目城を築いたと伝えられます。(馬場目氏の祖については浦城主三浦氏とする説もあります) 馬場目氏の詳細な事績は不明、室町・戦国期には馬場目川中流域を支配する在地勢力に成長したと思われます。天正16(1588)年、「湊騒動」(「安東氏の内訌」)が勃発すると馬場目玄番正勝は湊安東高季(道季)方に加担して「檜山城籠城戦」に参陣しましたが、檜山・湊の和睦成立後の同17(1589)年、檜山安東勢の攻撃を受けて馬場目城は落城、ほどなく廃城になったと思われます。
馬場目城  本郭東側下の横堀
メモ
湊安東氏の庶流
馬場目氏の館城
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁(土壇)・堀・
虎口(桝形?)
場所
場所はココです
駐車場
広徳寺の駐車場借用
訪城日
平成18(2006)年5月26日
平成20(2008)年12月19日
馬場目城は馬場目川の中流域、町村地区北側の丘陵上に築かれた平山城で、城は北側の袖ノ沢と南側の馬場目川を自然の濠とし、東西に延びた稜線を巧みに利用した城館に加工されています。(写真左上ー西側からの遠景 写真右上ー南側からの遠景 写真左ー袖ノ沢) 城へは町村地区から城の南東側にある広徳寺をまずはめざします。(写真左下ー広徳寺) でっ、広徳寺境内から農道が敷設されていて、道なりに進むと城域の東側を画した鞍部に辿り着きます。(写真右下) 鞍部はこれもまた自然の堀になっていて、南縁には馬場目川に落ち込む竪堀地形が見られます。なお広徳寺は馬場目氏の菩提寺と伝えられます。
(写真左上) 南縁の竪堀地形
でっ、城へは竪堀地形に隣接した南東部から山道が設けられていて(写真右上)、しばらく登ると木戸口に辿り着きます。(写真右) 木戸は東側斜面を加工した郭の間に切り込まれた単調なもの、郭自体は番所的な性格があったのでしょう。(写真左下ー北側の郭 写真右下ー南側の郭) ちなみに規模は北側の郭が東西10m×南北20m、南側の郭が東西10m×南北15mほど、本郭とは6−7m切り落とした横堀で画され、北側の郭の北側は二重畝堀で仕切られています。
(写真左上・右上) 本郭東側の横堀
(写真左) 北側の郭に隣接した畝堀
 
その後、導線は南東側に設けられていて(写真左下)、登り詰めると本郭の東縁をカバーした土塁(土壇?)に辿り着きます。(写真右下) 土壇の規模は幅10−15mほど、北端には小社が祀られています。でっ、小社の東・北・西側はコ状の土塁で囲まれています。(社名は不詳)
(写真左上) 北端の小社
(写真右上・右) 本郭東側の土塁(土壇?)、西側の段差は高さ3−4mあり。
本郭(写真左下)
規模は85−90m四方ほど、内部は50cmの段差で仕切られた東西の2段構造になっていて(写真右下ー西側の下段)、上段の北東端には東西15m×南北25m・高さ1mの方形郭が設けられています。馬場目城は東から西側に緩傾斜しているため、段差で微調整していたのでしょう。でっ、馬場目氏の居館は当然、ここに構えられていたと思われます。
(写真左上) 本郭北東端の方形郭 
前記したように馬場目城は東から西側に緩傾斜した稜線を加工した段郭群からなっていて、段差は最大3−4mほど、段差部分には明確な導線が確認できます。本郭以外の規模は最下段の郭を除き東西15−25m×南北40−50mほど。3段目の郭には桝形と思われる虎口郭が設けられています。
(写真右上) 1段目の郭の段差、1.5m
(写真左) 3段目の郭から2段目の郭への導線 (写真左下) 3段目の郭
(写真右下) 3段目の郭の虎口郭(桝形?) 東西5m×南北15m
(写真左上) 4段目の郭、東西20m×南北50m
(写真右上) 6段目の郭、東西15m×南北45m
 
(写真右) 最下段(7段目)の郭、規模は東西90m×南北45mほど。西側中央には堀底状の導線が設けられ(写真左下)、西側は7−8m切り落として腰郭が1段敷設されています。(写真右下) ま〜〜〜、高低差から推測して、大手を防御する捨て郭のようなものだったのでしょう。ちなみに切岸には坂虎口が設けられ、堀底道に繋がっています。
腰郭の北西端には大手虎口と思われる切り込みが見られます。(写真左上) でっ、この下には虎口受の小郭(外桝形?)が敷設され、導線は小郭をクランクして大手虎口に繋がっています。(写真右上・左) ちなみに虎口と麓との高低差は15−20mほど、たぶんスロープ状の導線が設けられていたと思うのですが・・・・・・・・・・、藪がひどく未確認。管理人はここから麓に降りましたが、難渋しました。