大川城
秋田県南秋田郡五城目町大川字東屋布
立地・構造
 大川城は八郎潟にそそぐ馬場目川河口部南岸の平野部に築かれた平城らしいです。規模・構造ともに不明。現在の大福寺、菅原神社の境内が城址と推測されていますが遺構等は見られず。

 築城時期・築城主体・館主ともに不明。『大川村沿革史概要』によると天正元(1573)年、本郷兵庫頭(三浦兵庫頭の間違いか?)により築かれたとも。なお大福寺境内には南北朝期のものと伝えられる「康永の碑」があるようです。
歴史・沿革
大川城 城址に祀られる菅原神社
メモ
・・・・・・・・・
形態
平城
別名
・・・・・・・・・
遺構
・・・・・・・・・
場所
場所はココです
駐車場
菅原神社の駐車場借用
訪城日
平成28(2016)年5月5日
北側からの遠景 推定城域に祀られている菅原神社