度 津(わたつ) 神 社
新潟県佐渡市(旧羽茂町)羽茂飯岡
 度津神社は佐渡羽茂平野の北端に鎮座する御社。延長5(927)年の『延喜式神名帳』に記された式内社「度津神社」に比定され、佐渡の式内社九社のうち一番目に記されていたことから、佐渡一の宮と称しました。主祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)の御子 五十猛命(いたけるのみこと)。配神は主祭神の妹 大屋津姫命(おおやつひめのみこと)抓津姫命(つまつひめのみこと)。主に陸上・海上の交通安全の守護神として信仰されています。御社は文明2(1470)年、羽茂川の洪水により社殿・古文書等が流失したため、創建の縁起・由来等は不詳。その後、同4(1472)年 羽茂本間氏が現在地に再建立したと伝えられ、現在の御本殿は宝永6(1709)年、拝殿は昭和12(1937)年の造営。なお御社の東方には度津神社別当神宮寺がありましたが、明治初年の『神仏分離令』により廃寺になったようです。   (場所はココです)
二の鳥居 
獅子殿 
神橋から神門 
拝殿