新斗米館
秋田県鹿角市(旧花輪町)花輪字新斗米
立地・構造
 新斗米館は鹿角盆地の中央東寄り、米代川の支流間瀬川北岸の東から西側に張り出した半島状の舌状台地(比高10−15m)に築かれた平山城です。城縄張りは東西に細長い丘陵を南北堀で仕切って郭に加工した連郭式縄張りで構築されているようですが、どこまでが新斗米館の城域になるのか不明瞭なため規模は不明。本郭は丘陵の中央部に位置し、規模は東西120m×南北40mほど。

 築城時期は不明。『鹿角由来集』には「一、新斗米村 新斗米左近領 名字奈良 居館有」と記され
ており、館主は鎌倉中期頃 鹿角郡に入部した「鹿角四頭」奈良氏の庶流新斗米氏とされます。新斗米氏の詳細な事績は不明。
歴史・沿革
新斗米館  本郭下に祀られる八幡神社
メモ
「鹿角四頭」奈良氏の庶流
新斗米氏の館城
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・ 
遺構
郭(平場)・堀
場所
場所はココです
駐車場
新斗米自治会館の駐車場借用
訪城日
平成15(2003)年11月6日
平成19(2007)年5月23日
新斗米館は間瀬川の北岸、新斗米地区背後の低丘陵に築かれた平山城です。(写真左上) でっ、館は東から西方向に張り出した半島状の丘陵を加工したもので、北・南側は往時 湿地帯あるいは泥田堀だったと思われます。(写真右上ー北側) 集落内には「城址標柱」が建てられ、現在 集落内を南北に縦断する車道は本郭東側の堀を踏襲したものなのでしょう。(写真左下) 現在、本郭の南側下には八幡神社が祀られていて、南麓から参道が設けられています。(写真右下)
八幡神社の祀られている平場は、本郭南側の腰郭にあたるようです。(写真左上) でっ、管理人はここから本郭に登りましたが、内部は全体が藪に覆われているため規模・構造ともに不詳。(写真右上) 『秋田県の中世城館』によると規模は東西120m×南北40mほどあるようです。新斗米館は東西に細長い丘陵を南北堀で区画して加工した連郭式城郭ですが、どこまでが城域なのかはハッキリしないようです。なお本郭内部からは掘立柱建物祉や銅銭、銅鏡、鉄製品等が出土しています。
本郭から南西300mの水田中には笹森と呼ばれる独立丘があり、これも新斗米館の郭の一部とされています。(写真右)