花輪古館
秋田県鹿角市(旧花輪町)花輪字古館
立地・構造
 花輪古館は鹿角盆地の中央東部、福士川右岸の舌状台地先端(比高10−15m)に築かれた平山城です。館は断崖と堀で仕切った複数の郭からなっていたと思われますが、現在 明確に残存するのは本郭と思われる平場のみ。本郭の規模は東西90m×南北80mほど。基本的には在地領主の日常居館として築かれたと推測されます。

 築城時期・築城主体・館主ともに不明。通説では鹿角四頭安保氏の庶流花輪氏が、この地に入部した初期の日常居館と想定され、花輪館に移るまで居住したと思われます。
歴史・沿革
花輪古館  花輪館からの遠景
メモ
「鹿角四頭」安保氏の庶流
花輪氏初期の居館か?
形態
平山城
別名
 ・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成19(2007)年5月23日
花輪古館は花輪市街地の中央東部、福士川北岸の丘陵上に築かれた平山城です。(写真左上ー西側からの遠景) 古館は南側を西流する福士川を自然の濠とし、西・南側は10m以上の断崖(写真右上)、北・東側は堀で仕切っていたと思われます。(写真左ー北側の堀 写真左下ー東側の堀祉) 北側の堀は幅20m・深さ3−4mほど。
 
本郭(写真右下)
規模は東西90m×南北80mほど、堀を挟んだ北・東側にも郭が想定されるようです。
城址標柱  北側の郭?