旧鹿角郡公会堂
秋田県鹿角市(旧花輪町)花輪字中花輪
 旧鹿角郡公会堂は大正5(1916)年、大正天皇の即位を記念して建てられた鹿角郡では珍しい木造平屋建の近代洋風建築物です。建物は左右・正面に切妻形の張り出しを設け屋根は急勾配の三角屋根、また本屋根には明り取りの小窓が取り付けられています。内部の床面積は542平方メートル、300人収容のステージ付きホールのほか3室あります。現在は鹿角市指定文化財に指定され、民俗資料の収蔵庫・資料室として利用されています。   (場所はココです)