高市館
秋田県鹿角市(旧花輪町)花輪字高市
立地・構造
 高市館は鹿角盆地の中央東部、間瀬川左岸の西方向に張り出した小丘陵突端(比高20m)に築かれた平山城です。城の規模は東西130m×南北100mほど、館は北・西・南側を段丘崖で画し、東側の丘陵基部を幅15m・深さ2−3mの堀で断ち切った単郭構造になっています。本郭の規模は東西100m×南北70mほど、内部には八幡神社が祀られています。

 築城時期は不明。『鹿角由来集』には「一、高市村、高市玄蕃領知本名成田 館有」と記され、鎌倉期に鹿角郡に入部した武蔵武士団成田氏(毛馬内氏)の庶流が枝分かれして居住したと推測されます。高
市の地は北に奈良氏(大湯氏)・南に安保氏(花輪氏)が播居する緩衝地だったと思われます。 
歴史・沿革
高市館  本郭に祀られる八幡神社
メモ
「鹿角四頭」成田氏の庶流
高市氏の館城
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成19(2007)年5月23日
高市館は高市地区の中央部、間瀬川に沿って西側に張り出した低丘陵先端に築かれた平山城です。(写真左上ー北西側からの遠景 写真右上ー南西側からの近景) でっ、城へは南西麓から八幡神社の参道が設けられ楽に訪ねることができます。(写真左ー登り口に城址標柱あり)
 
本郭(写真左下)
規模は東西100m×南北70mほど、北西隅に八幡神社が祀られています。(写真右下) 単郭とはいえ規模が大きく、居館を構えるに充分のスペースがあります。
本郭と東側の丘陵続きを断ち切った堀は幅15m・深さ2−3mほど、鹿角の城はケッコウゴツゴツした堀切が多いのですが、ここの堀切はいたっておとなしめです。 高市館から西方向を見たところ。米代川をつたって比内盆地に繋がる狭隘地の谷口を望むことができます。