高屋館
秋田県鹿角市(旧花輪町)花輪字茶臼館
立地・構造
 高屋館は鹿角盆地の中央西部、米代川左岸の丘陵上(比高40m)に築かれた平山城です。城の規模は東西300m×南北250mほど、館は南北に入り込んだ沢(館の沢)を挟んで東西2つの丘陵を城域とし、西側の丘陵が本城域となっています。本城域は南北に延びた稜線を加工したシンプルな連郭構造になっていて、南側の稜線続きを堀切で遮断しています。
高屋館概念図
頂部に構築された主郭は東西15m×南北35mほど、北側に3−4mの段差で画した北郭が、南側には幅15mの堀状郭を挟んで南郭が設けられています。規模は北郭が東西60m×南北50m。南郭が東西70m×南北35mほど。本城域から館の沢を挟んだ東側丘陵の馬場は東西50m×南北90mほど。大手は北側の谷口に設けられ、内部は東西2段の平場に加工されています。
歴史・沿革
築城時期は不明。『鹿角由来集』には「一、高屋村 高屋筑前領名字秋本 館あり 秋田牢人以後信直様御代佐藤近江知行下サル」と記されています。館主高屋氏は鎌倉中期、鹿角に入部した「鹿角四頭」秋元氏の庶流とされ、この地に分知されて館を築いたものと思われます。"秋田牢人"のいきさつは不明、一戸南部氏が屋氏の嫡流長牛氏に代わって長牛館を拠点とした天文年間(1532−55年)初期頃、あるいは一時 鹿角を支配下に置いた檜山安東氏が南部勢に鹿角から駆逐された永禄12(1569)年に"牢人"になったものと思われます。
高屋館  大手口
メモ
「鹿角四頭」秋元氏の庶流
屋氏の館城
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・虎口・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成25(2013)年5月25日
高屋館は米代川の西岸、高屋地区背後の丘陵上に築かれた平山城です。(写真左上ー北東側からの遠景) でっ、高屋集落を抜けて農道を南下すると大手口と思われる谷地に辿り着きます。(写真右上) 大手口は段丘端を削り込んだもので、前面は3−4mの切岸で処理され、もしかしたら前面には堀(濠)があったのかも?。(写真左) 大手口の内部は3−4mの段差で区画された東西の2段構造になっていて(写真左下)、下段は東西55m×南北25m(写真右下)、上段は東西40m×南北30mほど、下段の北側には浅い堀が見られます。
(写真左上) 上段
(写真右上) 北郭北側の帯郭、幅7−8m
北郭(写真右)
規模は東西60m×南北50mほど、ケッコウ広い平場ではありますが、内部は一面 笹竹に覆われています。
主郭(写真左下)
規模は東西15m×南北35mほど、北郭とは高さ3−4mの段差で仕切られています。(写真右下) ま〜〜〜、居住性は認められず監視機能を持った郭だったのでしょう。
主郭・南郭間を仕切った堀は幅15m・深さ4−5mほど(写真左上)、中央東端には虎口と思われる切り込みが設けられていて、館の沢からの導線が繋がっています。でっ、導線は一部 堀底状にになっていて、横矢がかかる構造になっています。(写真左)
南郭(写真左下)
城内最大の平場で、規模は東西70m×南北35mほど、たぶんこの郭が城主の居住空間だったのでしょう。北東隅には虎口受けと思われる小郭が設けられ(写真右下)、南側の丘陵続きは幅10m・深さ3−4mの堀で分断されています。
(写真左上) 南郭南側の堀 
(写真右上) 本城・馬場に切り込んだ沢、通称館の沢。鹿角の城館は浸食谷を堀に利用した類例が多く、また谷口に大手を設ける事例も多々あります。(EX 三ヶ田館 尾去館 石鳥谷館 等々)
(写真右) 馬場
館の沢東側の丘陵上の平場、規模は東西50m×南北90mほど、背後に堀切は設けられていません。たぶん本城域の東方を守備する郭とともに物見の性格もあったのでしょう。また規模が大きいことから兵の駐屯場か?。