仙台藩花山村寒湯番所
宮城県栗原市(旧花山村)花山字本沢温湯
 寒湯番所は仙台藩領花山から佐竹藩領小安に繋がる「花山越え」の仙台藩領側に設けられた境目番所(関所)です。正式名称は「仙台藩仙北御境目寒湯番所」。御番所は一迫川上流部の渓谷地形に設けられたもので、前面は一迫川に面した絶壁になっています。番所(関所)の起源は永禄9(1566)年と伝えられますが、詳細は不明。天正19(1591)年、「葛西大崎一揆」後 葛西大崎領が伊達政宗に宛がわれ、政宗が岩出山に入封後 寒湯番所は境目御番所として整備され、代々 関守三浦氏が管理にあたりました。現在、残存する表門と役宅は安政年間(1854−60年)の建築物。昭和38(1965)年9月、国の史跡に指定。   (場所はココです)
リーフレットの所収図
リーフレットの所収図
 表門
安政年間(1854−60年)の改築、「花山越え」の往還道を塞ぐように構えられ、正面には検断所が設けられています。間口九尺八寸(2.96m)×奥行八尺八寸(2.66m)の四脚門、形状は両切妻造り・茅葺き屋根。
 馬屋祉
 検断所祉
「花山越え」を通る旅行者の関所手形を検断した場所。
 土蔵祉
 役宅
間口23.2m×奥行11.8mの大型の二階建て建築物。表門と同じく安政年間(1854−60年)の建造。
 板の間
 表座敷
 奥座敷
 上段の間