大日霊貴(おおひるめむち)神社
秋田県鹿角市(旧八幡平村)八幡平字堂の上
 大日霊貴神社は鹿角市八幡平地区に鎮座する神社で通称大日堂。祭神は天照皇大神、吉祥姫命 他11柱。社伝によると継体天皇十七(523)年、継体天皇の勅願により創建され、養老二(718)年 元正天皇の命により行基上人が九間四方の社殿(大日堂)を新たに創立したと伝えられます。伝説では「だんぶり長者」に由来するとも。その後、大日堂は鹿角郡の里人に崇拝され、江戸期には盛岡南部藩主に帰依されました。毎年1月2日に行われている「大日堂舞楽」は昭和51(1976)年、国の重要無形文化財に指定され、平成21(2009)年にはユネスコの無形文化遺産に登録されています。  (場所はココです)
大日堂 
社殿の規模は十間四方、秋田県の社殿建築では最大規模。内部は吹き抜け構造になっています。
御神木姥杉 
正安二年碑 
茅の輪