長内古館
秋田県鹿角市(旧八幡平村)八幡平字長内古館
立地・構造
 長内古館は鹿角盆地の南西部、夜明島川左岸の段丘突端(比高20m)に築かれた平山城です。城の規模は推定東西230m×南北200mほど、館は北側に入り込んだ沢と西側の沢を堀として城域を独立させ、内部は二重堀で仕切られた南北の2郭構造になっています。規模は主郭に想定される南郭が東西40ー50m×南北110m、北郭が東西30m×南北50mほど。両郭を分断した二重堀の規模はそれぞれ幅10m・深さ3−4m、仕切土塁は下幅最大6−7m・高さ2−3mと巨大なもの。南郭の東側には腰郭が1段敷設され、さらにその下には広大な平場が設けられています。(現在は民家敷地になっています) 同地は夜明島川の谷
長内古館概念図
口に位置し、周辺には長内館三ヶ田館白懸館等の中世城館が散在しています。

 築城時期・築城主体・館主ともに不明。長内館に関連した城館か?。
歴史・沿革
長内古館  北郭・中土塁間の堀
メモ
・・・・・・・・・
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・堀・土塁
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成25(2013)年5月22日
長内古館は夜明島川の東岸、長内地区背後の小高い丘に築かれた平山城で、沢を挟んだ北側には鹿角四十二館のひとつ長内館があります。(写真左上ー南側からの遠景) でっ、館のある丘陵は西から東側に張り出していて、北側に侵食谷が入り込み城域を区画しています。(写真右上ー南東側からの遠景) 館へは南東麓から林道が敷設されていて、林道を道なりに進むと館の南端部に辿り着きます。(写真左)
南郭(写真左下)
主郭に想定される郭で規模は東西40ー50m×南北110mほど、西側は幅10−15m・深さ3−4mの南北堀で丘陵部と仕切られています。(写真右下)
長内古館は東西堀で仕切られた南北の2郭からなりますが、東西堀は中央に土塁を設けた二重堀になっています。(写真左上ー南郭・蔀土塁間の堀 写真右上ー蔀土塁 写真右ー北郭・蔀土塁間の堀) 堀の規模はそれぞれ幅10m・深さ3−4m、土塁は下幅最大6−7m・高さ2−3mほど。
北郭(写真左下)
規模は東西30m×南北50mほど。
南郭の東側下には4−5m切り落として腰郭が1段敷設されています。(写真右下) 規模は幅10−15mほど、さらに腰郭の東側下にも現在 住宅地になっている大規模な平場が見られますが、ここまでが城域になるのでしょう。