石鳥谷館
秋田県鹿角市(旧八幡平村)八幡平字石鳥谷
立地・構造
 石鳥谷館は鹿角盆地の中央西縁、米代川左岸の段丘先端(比高40m)に築かれた平山城で、北・南側から切り込んだ沢で城域は独立させられています。城の規模は 東西200m×南北350mほど、内部は東西堀で区画された南・北2郭の複郭構造になっています。規模は主郭が東西170m×南北150m、北郭が東西100m×南北140mほど。両郭を仕切った堀は幅15−20mほど、堀の東端の谷口が大手虎口と推測され、導線は堀底を通って主郭の北西側から主郭に繋がっていたと思われます。石鳥谷館の特徴は主郭・北郭内に複数の櫓台?と思われる土壇が築かれていること。土壇に居住性は薄く、基本的には物見・導線の監視等に利用されていたと思われます。同地は比内郡に繋がる「大葛越え」の鹿角側の谷口に位置しており、これを監視する機能が想定されます。

石鳥谷館概念図
 築城時期は不明。『鹿角由来集』には「一、石鳥谷村 石鳥屋五郎領 名字安保 館有 後南部九郎正友祖は南部御一門鹿角三百町の旗頭に三戸より遣わされ是に御座成され候」と記されており、館主は鎌倉中期に鹿角に入部した武蔵七党丹党の安保氏の庶流石鳥谷氏とされます。その後、戦国中期(16世紀中期)頃 三戸南部氏の一門南部正友が館主として石鳥谷に入封しましたが、永禄9(1566)年 檜山城主安東愛季の鹿角進攻が開始されると石鳥谷館は安東勢の攻撃を受けて陥落、正友は長牛館へ撤退したと伝えられます。(『鹿角由来集』は南部統治下の近世に著されているため南部正友を三戸南部一門としていますが、石鳥谷正友と同時期に鹿角郡南部に入部した長牛縫殿介・谷内弾正等は一戸氏系と推測され、この頃 「鹿角四頭」秋元氏はなんらかの事情により没落したと思われます。)
歴史・沿革
石鳥谷館 主郭西側の堀
メモ
「鹿角四頭」安保氏の庶流
石鳥谷氏の館城
一戸氏の属城
形態
平山城
 
別名
 石鳥屋館
遺構
郭(平場)・櫓台・虎口・堀
場所
場所はココです
駐車場
集落内に駐車スペースなし
館祉内を通る林道沿いに駐車可能(2台くらい)の空地あり
訪城日
平成17(2005)年10月13日
平成19(2007)年5月23日
石鳥谷館は米代川の西岸、石鳥谷地区背後の丘陵突端に築かれた平山城です。(写真左上ー東側からの遠景) でっ、館の東側斜面は宅地になっていて、車道を進むと進行方向左側に下段郭の切岸と思われる段丘崖が見えてきて(写真右上)、ここを過ぎると主郭東端の切岸が現れます。(写真左) このあと、車道は未舗装の林道になり、主郭・北郭間を堀底を通りますが、たぶん この谷口部分に大手虎口が構えられていたと思われます。(写真左下・右下) 堀の規模は幅15−20mほど。
北郭(写真左上)
規模は東西100m×南北140mほど、内部は全体が平坦というわけではなく、中央南端には東西20m×南北40m、高さ6−7mの櫓台が築かれ(写真右上)、内部南寄りに八幡社が祀られています。(写真右ー内部 写真左下ー八幡社) ま〜〜〜、北から北東方向の物見、あるいは大手導線を監視する機能があったのでしょう。なお東側は3−4m切り落として段郭で処理され(現在、民家が建っています)、西側は北麓から深く切り込んだ沢を自然の濠としています。(写真右下)
主郭(写真左上)
規模は東西170m×南北150mほど、内部は自然地形に制約されているため歪な形状になっていますが、東端と南端の張り出し部分は物見として利用されたのでしょう。(写真右上ー東端 写真左ー南端) でっ、東端からは鹿角盆地の中央部が一望にできます。(写真左下) 特徴的なのが北端と北西端に削り残された2つの櫓台?状の郭で、この間の堀に虎口が設けられていたと思われます。(写真右下) 北端の櫓台?は高さ4−5m、内部は30m四方、北西端の櫓台?は高さ4−5m、内部は東西30m×南北40mほど、南東側に坂虎口が設けられています。
(写真左上) 北側の櫓台?
(写真右上) 北側の櫓台?内部
 
(写真右) 北西端の櫓台?
(写真左下) 北西端の櫓台?への「坂虎口」
(写真右下) 北西端の櫓台?内部
 
石鳥谷館は南・北側から切り込んだ沢を利用して城域を区画しています。でっ、中央部分は林道の建設により堀が不明瞭になっていますが、主郭西側の堀は明瞭に残存しています。特徴的なのが主郭北西端の櫓台?の対岸に土壇を築いている(削り残している)こと。この間の堀は幅10−15mほど、堀底は横堀に変化して、そのまま沢に吸収されています。(写真右上・右上)