三ヶ田館
秋田県鹿角市(旧八幡平村)八幡平字三ヶ田
立地・構造
 三ヶ田館は鹿角盆地の南西部、夜明島川と熊沢川に挟まれ北方向に張り出した丘陵先端(比高30m)に築かれた平山城です。城の規模は東西350m×南北200mほど、内部は浸食谷(自然の沢)を利用して区画された大きくは4郭(群)からなります。規模は主郭が80m×南北40m、東郭が東西20m×南北50m、西郭が東西50m×南北30mほど。各郭を仕切った堀は幅15−30mほど、一部は城道として利用され、大手は主郭・東郭間の北面の谷口と思われます。全体的に丘陵を加工しただけの単純な構造になっていますが、北方
三ヶ田館概念図
向に鹿角盆地を眺望できる高所に位置しており、軍事的な性格を併せ持った在地領主の館城と思われます。

 築城時期は不明。『鹿角由来記』には「一、三ヶ田村 三ヶ田左近領知 本名阿保 館あり」と記され、館主は鎌倉中期に鹿角郡に入部した「鹿角四頭」安保氏の庶流三ヶ田氏とされます。三ヶ田氏の詳細な事績は不明、戦国中期 一戸氏が長牛館を掌中にした際 三ヶ田館も一戸氏の支配下に置かれ三ヶ田氏は没落したものと思われます。永禄12(1569)年、南部晴政は檜山城主安東愛季の鹿角支配を阻止するため南部勢を鹿角に派兵しましたが、この際 安比口から鹿角に侵攻した「九戸殿(九戸政実)大将ニ而久慈閉伊浄法寺ノ軍兵引率長牛縫殿助先達ニ而七々しきり路発向仕三ヶ田村ニ陣取」と三ヶ田館を陣城として利用したと伝えられます。天正9(1581)年頃、三ヶ田村は南部氏の被官大光寺正親の領地になっていますが、三ヶ田館は天正20(1592)年の「南部大膳太夫分国之内諸城破却令」までに破却されたと推測されます。
歴史・沿革
三ヶ田館 主郭・南郭間の堀
メモ
「鹿角四頭」安保氏の庶流
三ヶ田氏の館城
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・虎口・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成21(2009)年5月17日
三ヶ田館は三ヶ田地区背後の小高い丘に築かれた平山城で、南北に細長い鹿角盆地を南側から眺望できる要衝に位置します。(写真左上) 「城址標柱」は北東麓の古四王神社の鳥居脇に設置されていて、管理人はここからアプローチしました。(写真右上) でっ、古四王神社の境内(写真左)も三ヶ田館の一部と思われ、背後には段郭が構えられているようですが未確認。古四王神社の境内と東郭間は北東側から入り込んだ沢で仕切られています。(写真左下) ちなみに大手口は主郭・東郭間の北側谷口にあったのでしょう。(写真右下) 鹿角には同じように谷口に大手口を構えた城館として石鳥谷館・高屋館等があります。
主郭(写真左上)
城域の北西端に位置し、規模は東西80m×南北40mほど。内部は思ったより藪が少なく、南東隅に坂虎口が設けられています。(写真右上) また北側には幅の狭い帯郭が2−3段敷設されています。(写真右)
 
各郭を縦横無尽に区画した堀は自然地形の侵食谷を加工したもので、規模は幅15−30mほど。一部は城道として利用されていたのでしょう。(写真左下ー主郭・南郭間の堀 写真右下ー主郭・東郭間の堀)
南郭(写真左上)
規模は東西50m×南北30mほど、南側に1段 虎口受けと思われる小郭が敷設されています。(写真右上)
 
三ヶ田館の背後(南側)は耕作地になっていて、遺構の痕跡は見られません。(写真左)