長 嶺 館
秋田県鹿角市(旧八幡平村)八幡平字東館 西館 牛長根
立地・構造
 長嶺館は鹿角盆地の南東部、熊沢川右岸の北方向に延びた丘陵先端(比高50m)に築かれた平山城です。規模は東西250m×南北300mほど、背後(南側)の丘陵続きを堀切で断ち切って城域を独立させています。内部は相当の土木量で加工されたと思われる 大きくは五郭からなり(鹿角に類例の多い不規則な多館構造)、郭間は巨大な堀で区画されています。主郭は中央の高台を加工した東館で規模は東西60m×南北45mほど、東館の北側には八幡館(東西15m×南北40m)が、南側には南東郭(東西45m×南北30m)が、南西側には寺館(東西30m×南北50m)と呼ばれる郭が設けられ、各郭間は幅15-30mの堀で区画され、東館・寺館間は中土塁(堀内障壁)を嚙ました二重堀で処理されています。また八幡館の西側下には西館(東西30m×南北50ー60m)、 ケッコウいい加減な図です
長嶺館 概念図
と呼ばれる平場が設けられ、北麓からの大手導線はこの郭の西側下の帯郭に繋がっていたと思われます。(藪がひどく 虎口は未確認) 搦手は寺館南西側下の堀導線と推測されます。同地は米代川に沿った鹿角街道が鹿角盆地に入る谷口に位置しており、これを扼する鹿角勢力の城館として取り立てられたものと思われます。なお長嶺館から沢を挟んだ北東100mには小館と呼ばれる平場があり、現在 毘沙門堂が祀られています。

 築城時期は不明。『鹿角由来記』には「一、長嶺村 長嶺下総領知 本名成田 館有」と記され、館主は鎌倉中期に鹿角に入部した「鹿角四頭」の一家 成田氏の庶流 長嶺氏とされます。南北朝初期、鹿角成田氏の小次郎左衛門尉頼時は南朝方の北畠顕家から「鹿角国代」に任ぜられ、大里館を拠点に北朝方の浅利氏と対峙しており、この頃 長嶺谷内湯瀬に庶子家が配されたものと思われます。長嶺氏の詳細な事績は不明。南部支配下の天正13(1585)年頃のものと思われる『三戸御城之節館持ノ内 古館の事』には「長嶺 二百石 長嶺勘解由左衛門」と記されています。『祐清私記』内山助右衛門(浅野弾正長政の家臣)奥北の館破却之事」の項には「先九戸近辺二戸、鹿角の両郡へ打入破却七舘、・・・・・・・、鹿角には大里・湯瀬・小豆澤・黒土・長岩(長嶺)・谷内等、・・・・・・・ 」と記されており、天正19(1591)年の「九戸の乱」後 館崩しがなされたものと思われます。
歴史・沿革
長嶺館 東館・寺館間の堀
メモ
「鹿角四頭」 成田氏の庶流
長嶺氏の館城
形態
平山城
別名
・・・・・・・・ 
遺構
郭(平場)・虎口・土塁・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成19(2007)年5月24日
平成29(2017)年5月 4日
長嶺館は南北に細長い鹿角盆地の南東部、長嶺地区背後(南西側)の丘陵上に築かれた平山城です。(写真左上ー北西側からの遠景) 館は熊沢川沿いに北方向に延びた丘陵突端に位置し、東側には沢が切り込む要害地形に位置します。(写真右上) でっ、管理人はまずは八幡館に祀られる八幡神社を目指しました。神社参道は北東麓の鳥居から敷設され(写真左)、ケッコウ急峻な傾斜地を登ることとなります。(写真左下ー参道) でっ、たどり着いた八幡館の規模は東西15m×南北40mほど、四周は急峻な切岸で削崖され、内部には八幡神社が祀られています。(写真右下) ちなみに往時の大手導線は北麓の現在、集合墓地になっている場所から丘陵の東側側面を通リ設けられていたと思われます。
(写真左上) 八幡館に祀られる八幡神社
(写真右) 八幡館 南側の切岸、高さ6-7m。
(写真左下) 八幡館 西側の切岸、高さ6-7m。
 
西館(写真右下)
八幡館の西側下に設けられた平場で、規模は東西30m×南北50ー60mほど、南西隅には1ー1.5mの段差で小郭が設けられています。
(写真左上) 西館南西隅の小郭、規模は東西10m×南北15mほど。
 
八幡館・東館間の堀は幅25-30mほど、低い段差の二重構造になっています。(写真右上) でっ、東館は周囲(北ー西ー南側)を6-7mの切岸に加工され(写真左ー南側の切岸 写真左下ー西側の切岸)、北側にスロープ状の坂虎口が設けられています。(写真右下ースロープ導線)
(写真左上) 東館の虎口
 
東館(写真右上)
規模は東西60m×南北45mほど、城内最大の平場で実質的な主郭に想定され、たぶん ・・・・・ ここに長嶺氏の殿舎が営まれていたのでしょう。東側は4-5m切り落として腰郭で処理され(写真右)、西側下は八幡館・東館間の堀が大きく迂回して郭を囲い(写真左下)、南西側の寺館間は中土塁(堀内障壁)を嚙ました二重堀になっています。(写真右下) なお堀内障壁は近隣では谷内館 等でも見られる城郭パーツです。
(写真左上) 東館・寺館間の中土塁(堀内障壁)、高さは最大2mほど。
(写真右上) 東館・寺館間の二重堀(寺館側の外堀)、幅10-15mほど。
(写真左) 東館・南東郭間の堀、規模は幅10-15m・深さ3-5mほど。
 
南東郭(写真左下)
規模は東西45m×南北30mほど、歪な三角状の郭。周囲は4-5mの切岸に削崖され、虎口は北西端に設けられています。(写真右下)
(写真左上) 寺館・南東郭間の堀、規模は幅15-20mほど。
(写真右上) 南東郭 南側の堀、規模は幅20-25mほど、東側から切り込んだ沢に連続します。
 
寺館(写真右)
規模は東西30m×南北50mほど、北 ー 西側下には2-3mの段差で最大幅20mの腰郭が巻かれ(写真左下)、南側中央にはスロープ状の堀が敷設されています。(写真右下) でっ、この堀は南側の堀に繋がる搦手になるのでしょう。
寺館 南側の堀、規模は幅20mほど。 南堀の南側にさらに1条の堀あり、規模は幅15m ほど。