白懸館
秋田県鹿角市(旧八幡平邑)八幡平字白欠
立地・構造
 白欠館は鹿角盆地の南西部、夜明島川左岸の河岸段丘上(比高20m)に築かれた平山城らしいです。場所は特定できず、詳細不明。

 築城時期は不明。『鹿角由来集』には「一、白還村、白欠勘解由領知 館有」と記され、中世鹿角盆地を支配した鹿角四十二館のひとつに数えられますが、館主白欠氏の出自・詳細な事績は不明。
歴史・沿革
白欠館 長牛館からの遠景
メモ
「鹿角四十二館」 白欠氏の居館
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・ 
遺構
・・・・・・・・・
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成19(2007)年5月22日
白懸館は鹿角盆地の南西部、夜明島川左岸の段丘上に築かれた平山城です。(写真左) 段丘崖下の車道沿いに史跡標注が建てられ、その横から農道が段丘上へ設けられています。(写真左下) でっ、上に登ったのですが・・・・・・・・・、広大な農地が広がっているだけで、館がどこにあったのかは確認できず。(写真右下)