木戸ノ沢館
秋田県山本郡ハ峰町(旧八森町)八森木戸ノ沢
立地・構造
 木戸ノ沢館は日本海に突き出した丘陵突端(海面から比高40m)に築かれた崖縁城です。館のある丘陵は北東から南西側に張り出した小丘陵に位置し、ここは古くから大間越街道が通っており、街道を監視する機能があったと想定されます。現在、丘陵部はJR・車道で分断され、城域・規模・構造等は不明瞭になっています。
歴史・沿革
 築城時期・築城主体ともに不明。館主として青木福兵衛の名が伝わっています。
木戸ノ沢館  遠景
メモ
大間越街道を扼する城砦
形態
崖縁城
別名
・・・・・・・・・
遺構
・・・・・・・・・
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成18(2006)年12月20日
木戸ノ沢館は日本海に突き出した丘陵部を城域とし、北・西・南側は高さ10m以上の断崖になっています。(写真左上) 現在、城址を串刺すように車道・鉄道が敷設されていて、城域は不明瞭になっています。(写真右上・左・左下) 西側の丘陵続きを堀で切っていたと思うのですが・・・・・・・・・・、ま〜〜〜 ハッキリしません。山からの稜線が日本海まで接しており、たぶん津軽に繋がる大間越街道はこの城砦を通っていたと思われ、関所的な性格があったのでしょう。城址からは岩舘漁港を眺望できます。(写真右下)