櫛 引 八 幡
青森県八戸市八幡
 櫛引八幡宮は八戸市街地の西部にある神社で、境内は八幡山と呼ばれています。創建は仁安元(1166)年、加賀美遠光が甲斐国南部荘に八幡神を勧請して祭祀したのが初源とされ、建久2(1191)年 陸奥国糠部郡に下向した遠光の三男南部光行が六戸に八幡宮を遷座、さらに貞応元(1222)年に櫛引村に遷座したとされ、その後 南部の総鎮守として崇拝され「南部一の宮」と称されました。南北朝初期、三戸南部氏の衰退にともない一時 社勢は衰えましたが、同じ頃 陸奥糠部郡代として下向した南部師行に庇護され根城南部氏の祈願所に取り立てられました。現在、境内に鎮座する5棟の社殿は重要文化財に指定され、また境内の国宝館には「新羅三郎義光公の甲冑」と呼ばれる「赤糸威鎧(あかいとおどしよろい)」や南部(八戸)信光が後村上天皇から拝領したと伝えられる「白糸威褄取鎧(しろいとおどしつまどりよろい)」などの国宝・重文が一般公開されています。なお旧暦の8月14日から16日に行われる秋季大祭では、南部師行が領内安全・子孫繁昌・武運長久を祈願して奉納したと伝えられる流鏑馬神事が毎年行われています。   (場所はココです)
 参道
 南門
切妻造・銅板葺きの四脚門、国の重要文化財。
 拝殿
 旧拝殿
桁行7間・梁間3間の入母屋造り、銅板葺き。国の重要文化財。
 春日社
拝殿の脇宮、祭神は天津児屋根神(あまつこやねのかみ)、国の重要文化財。なお南門・旧拝殿・春日社は天保2(1645)年から慶安元(1648)年にかけて盛岡藩主南部重直の命により造営されたもの。