櫛引城
青森県八戸市櫛引
立地・構造
 櫛引城は馬淵川の右岸、東から西側に張り出した舌状台地先端(比高40−50m)に築かれた崖縁城です。城の規模は『日本城郭大系』によると東西600m×南北1400mほど(チョッとデカすぎるような・・・
・・・・・・)、城縄張りは馬淵川に面した本郭を中心に北ー東ー南側に外郭を設けた梯郭式縄張りだったようです。本郭の規模は東西160m×南北140mほど、北・南側を自然地形を利用した堀で画し、東側の丘陵続きを人為的な幅20mの堀で遮断して本郭を独立させています。外郭の規模は不明、本郭成立後 構えられた郭と思われます。現在、本郭部分は耕作地に改変され遺構等は不明。
 築城時期は不明。館主は四戸南部氏の嫡流櫛引氏とされます。櫛引氏はもともと根城(八戸)南部氏の支配下にありましたが、戦国期 勢力を拡大した三戸南部氏に出仕し、永禄10(1567)年には八戸政栄の留守を狙って八戸領に侵入しています。(後に八戸氏に降伏) 天正19(1591)年、「九戸の乱」が勃発すると城主櫛引清長は弟清政と九戸政実方に加担して南部信直方の浅水城苫米地城等を攻撃し、九戸城に入城しました。乱後、櫛引城は南部氏に接収されましたが、翌20(1592)年 『南部大膳大夫分国之内諸城破却令』により破却。(「櫛引 平城 破 信直抱 代官 桜庭 将監」
歴史・沿革
櫛引城  本郭東側の堀
メモ
四戸南部氏の嫡流
櫛引氏の館城
形態
崖縁城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成26(2014)年9月13日
櫛引城は馬淵川の東岸、櫛引地区南側の馬淵川に張り出した舌状台地先端に築かれた崖縁城です。(写真左上ー北西側からの遠景) でっ、城へは東側の県道からアプローチでき、農道をしばらく進むと本郭が見えてきます。(写真右上) 櫛引城の本郭部分は西側は馬淵川に面した断崖、北・南側は沢を利用した自然の堀、東側は人為的な堀で区画されています。(写真左ー東側の堀 写真左下ー南側の堀) 堀の規模は幅20−25mと巨大なもの。
本郭(写真右下)
規模は東西160m×南北140mほど、内部は現在 耕作地に改変され遺構等はないようです。というか、日暮間近だったため内部を徘徊せず撤退。
(写真左) 本郭南側の腰郭