押 切 城
秋田県南秋田郡八郎潟町中島・嶋ノ内
立地・構造
 押切城は八郎潟の東岸、馬場目川右岸の平野部に築かれた平城です。城に規模は推定東西400m×南北900mほど、周囲は馬場目川の旧流路・氾濫原を利用した濠で囲っていたと推測されています。現在、城址は圃場整備事業により消滅し、遺構等は見られません。

 築城時期・築城主体ともに不明。城主は浦城主三浦兵庫頭盛永の長子五郎平盛季と伝えられます。盛季は三浦氏没落後、一時 郡外に遁れましたが、天正5(1577)年 旧領を回復して押切城に居住したとされます。しかし同7(1579)年、盛季は小和田甲斐守(三浦義包か? 三浦盛永の従弟か?)の奸計により殺害され、その後 三浦(浦村)五郎義包が押切城に居住したとされます。浦村五郎は天正16(1588)年に勃発した「湊騒動」では檜山安東方に与しましたが、戦後 ほどなく子の善四朗
とともに変死したため 押切城は破却されました。(各種資料によると三浦盛季は天正16年の「湊騒動」後、一時 郡外に遁れ、その後 押切城に入ったとされますが、清源寺の過去帳には「石頭院殿華岳心公大膳定門(盛季の戒名) 天正七年十二月二十七日 没御年十八歳」とあり、どうにも整合性がないようです。「湊騒動」を元亀元年(1570)年に勃発したものにあてはめるとつじつまがあうのですが、それだと一般的に言われている三浦盛永の自害、三浦氏の没落は天正16(1588)年ではなく元亀元(1570)年となるのですが・・・・・・・・・) 
歴史・沿革
押切城 南側からの遠景
メモ
・・・・・・・・・
形態
平城
別名
・・・・・・・・・
遺構
・・・・・・・・・
場所
場所はコノヘンです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成25(2013)年9月17日
押切城は一日市市街地西方の平野部に築かれた平城だったようですが、ほぼ100% 完璧に遺構は消滅し規模・構造等は不明。(写真左上ー北側からの遠景 写真右上ー南側からの遠景) ま〜〜〜、隣接する馬場目川の旧流路を利用した平城だったようです。