大 山 家 住 宅
秋田県山本郡三種町(旧八竜町)鵜川字飯塚
 大山家住宅は三種町鵜川地区にある江戸期の農家住宅で、日本海側に類例の多い「中門造」の建物です。建築時期は江戸末期と伝えられ、大山家は代々村役をつとめた家柄でした。建物自体は厩部分を前面にL字状に張り出した典型的な「厩中門つくり」になっています。国の重要文化財に指定。   (場所はココです)