神 岡 城
岐阜県飛騨市(旧神岡町)神岡町城ヶ丘
立地・構造
 神岡城は神岡盆地の中央北寄り、高原川右岸の河岸段丘先端(比高30m)に築かれた崖縁城です。規模は城の約半分が消滅しているため不明ですが、現在 残る遺構から東西90m(以上)×南北80m(以上)、城縄張りは段丘先端に構築された主郭の東 ー 南 ー 西側を二の郭が囲い、さらに二の郭の東 ー 南側に外郭を設けた三郭からなる梯郭構造だったようです。規模は主郭が40m四方の方形郭、二の郭が東西90m(以上)×南北70mほど。主郭・二の郭間は4−5mの堀で仕切られ、南側西寄りに設けられた虎口、土橋で繋がっていました。また二の郭を囲った堀は幅10mほど、虎口は南側西寄りに設けられ、土橋で外郭に繋がっていました。(東側に虎口があったのかは、宅地化で遺構が消滅しているため不明) 主郭・二の郭の周囲には小型の石塁を積んだ石積が見られますが模擬なのかな 〜〜〜。同地は「越中東街道」「上宝道」が合流する交通の要衝で、これを扼する機能があったものと推測されます。

 永禄4(1561)年、奥飛騨高原郷を支配していた高原諏訪城主 江馬左馬介時盛は信濃を制圧した武田信玄と誼を結び、上杉政虎(謙信)と結ぶ桜洞城主 三木飛騨守自綱と対峙します。そして同6(1563)年、上杉勢が越中から飛騨に侵攻すると、同7(1564)年 信玄は武田譜代の飯富(山県)三郎兵衛尉昌景を飛騨に派遣して上杉・三木勢と対峙させました。神岡城はこの頃、武田勢の飛騨・越中の侵略拠点、兵站基地として江馬

現地パンフ『飛騨市山城マップ』の所収図
氏により築かれたと推測されます。(また一説には江馬氏が江馬氏下館に代わる統治拠点として神岡城を構築したとする説もあります) 元亀3(1572)年、信玄が死去すると武田勢は飛騨から撤退し、神岡城高原諏訪城の出城として江馬氏の重臣 河上中務尉が城将として配されましたが、天正10(1582)年 「八日町の戦」で江馬常陸介輝盛が三木、小島、広瀬連合軍に敗北を喫すると高原諏訪城とともに落城したと伝えられます。同13(1585)年、豊臣政権下で金森兵部大輔長近が飛騨国主になると神岡城には金森氏の家臣 山田小十郎が城代として置かれましたが、元和元(1615)年の「一国一城令」により廃城。
歴史・沿革
神岡城 主郭の模擬城門と堀土橋
メモ
武田氏の飛騨、越中侵略の
兵站基地
江馬氏の日常居館・館城(?)
形態
崖縁城
別名
東町城・野尻城・沖野城・
江馬之御館 
遺構
郭(平場)・櫓台(天守台)・堀・石積土橋・石積(模擬か?)・模擬天守・模擬城門
場所
場所はココです
駐車場
神岡城・高原郷土館の
駐車場借用
訪城日
平成17(2005)年5月28日
平成21(2009)年6月26日
平成31(2019)年4月16日
神岡城 遠景
神岡城は神岡盆地の中央北寄り、高原川右岸の河岸段丘先端に築かれた崖縁城です。(写真左上ー北西側からの遠景 写真右上ー西側からの近景) 神岡城は高原川に面した断崖上に築かれ、主郭を取り囲むように二の郭・外郭(?)が敷設された梯郭式縄張りで構築されています。二の郭の南 ー 西側を囲った堀の規模は幅10−15mほど(東堀は宅地化により消滅)、南側西寄りに虎口が設けられ、土橋で外郭(?)に繋がっていました。(写真左ー西堀 写真左下・右下ー南堀)
神岡城 中堀
(写真左上) 二の郭の虎口・土橋
二の郭(写真右上)
規模は東西90m(以上)×南北70mほど、現在 内部は公園化され 鉱山資料館、高原郷土館(松葉家住宅)が建てられています。主郭二の郭を仕切った内堀は幅4−5mほど(写真右ー東堀 写真左下ー西堀 写真右下ー南堀)、堀に面した主郭側には城門・城壁・石積が復元されていますが、あくまで模擬なのでしょう。崖に沿った北側縁部には観光用の模擬天守が建設されていますが(写真左)、当然 史実にはありません。(櫓台は遺構) でっ、主郭からは神岡市街地が一望にできます。ちなみに主郭は40m四方の方形郭です。
神岡城 内堀
 模擬城門 模擬天守
秋田の中世を歩く