小 鷹 利 城
岐阜県飛騨市(旧古川町)古川町稲越
立地・構造
 小鷹利城は古川盆地の北西部、黒内地区西側の丘陵突端(標高787m 比高170m)に築かれた山城です。城の規模は東西100m×南北150mほど、城縄張りはピークに集中的に展開された小規模で単調なものです。ピークに構築された主郭は東西15m×南北20mほど、二の郭は主郭の北・西・南側をカバーするように敷設され、規模は東西25m×南北40mほど、主郭とは1.5−2mの段差で仕切られています。二の郭の南側下には5−6mの切岸で三の郭が敷設され、規模は東西40m×南北10mほど、南側縁部には土塁が築かれています。全体的に規模は小さいですが、ピークから派生した尾根筋は堀切で遮断して独立性を高め、また西側斜面には部分的に畝状竪堀を使用して防御力を強めています。同地は古川盆地の北部から西側に切り込んだ小盆地に位置し、城は古川盆地に繋がる谷口の正面に築かれており、基本的には谷口を監視した物見砦と思われます。
小鷹利城概念図
 築城時期・築城主体ともに不明。一説には応永年間(1394−1428年)、飛騨国司 姉小路家綱の子藤原師言が国司に任ぜられ、被官 小鷹利伊賀守が城代として守備したと伝えられます。応永12(1405)年頃、姉小路氏は小島城の小島氏、向小島城の小鷹利氏、古川城の古川氏に分裂し、小鷹利城は向小島城の支城として小鷹利氏の被官 牛丸氏が在城したとされます。天正5(1577)年、牛丸重親は小鷹利氏領の横領を図りましたが失敗し、天正11(1583)年の争乱で死去しました。天正11(1583)年、姉小路氏は三木・広瀬連合軍に攻められ、この戦闘で小鷹利城は落城し、牛丸又右衛門は越前大野城主金森長近の元に逃れました。天正13(1585)年、金森長近の飛騨侵攻が始まると、牛丸又右衛門もその軍の中に加わり、飛騨平定後 ふたたび小鷹利城に復帰しました。その後、又右衛門は金森長近の処遇に不満を持ち一揆を起こしましたが、長近に鎮圧され又右衛門は討死したと伝えられます。
歴史・沿革
小鷹利城 三の郭
メモ
飛騨国司 姉小路氏の被官
牛丸氏の要害
形態
山城
別名
黒内城
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀・畝状竪堀
場所
場所はココです
駐車場
林道沿いの路側帯に駐車
訪城日
平成18(2006)年5月29日
小鷹利城は古川町黒内地区背後の丘陵上に築かれた山城です。黒内地区は古川盆地の北部から西側に入り込んだ小盆地になっていて、小鷹利城は谷口を眺望する高所に位置します。城へは湯峰峠を越えた坂の曽地区から狭いながら林道が西側中腹まで延びています。でっ、中腹から主郭までは比高差30mほど(写真左上)、南西側の馬場から山道があり(写真右上ー馬場)、山道は三の郭の西側まで繋がっています。この部分の山道は堀切を利用したもののようです。(写真左)
三の郭(写真左下・右下)
主郭・二の郭の南側下に位置し、規模は東西40m×南北10mほど、南側縁部には土塁が築かれています。
(写真左上) 南東側尾根の堀切
 
頂部に構築された主郭部は東西25m×南北40mほど(写真下)、主郭の北・西・南側を1.5−2mの段差で二の郭が囲むシンプルな構造になっています。規模はごく小さく、また特に目あたしい遺構は見当たりませんが、塁線は直線を基調とし、三の郭を含めて雰囲気はよいです。主郭の規模は東西15m×南北20mほど、内部には説明板が設置されています。(写真右上ー二の郭の北側 写真右ー主郭)
主郭の北側稜線は3−4mの段差で4−5段の段郭群に加工されています。(写真ではわかりずらいですが・・・・・・・・・) 主郭部の北から北西側斜面は比較的緩斜面になっていて、このため約10条の畝状竪堀で潰されています。写真は北西方向の尾根筋に向かう竪堀です。