高 原 諏 訪 城
岐阜県飛騨市(旧神岡町)神岡町江馬・殿町
立地・構造
   高原諏訪城は神岡盆地の南東縁、高原川右岸の神岡盆地を見下ろす南北に延びた稜線尾根の南端ピーク(標高622m 比高170m)に築かれた山城です。規模は東西150m×南北400mほど、稜線を堀切で分断したシンプルな連郭構造の山城で、城の東・西側が急峻に切り立った要害地形を利用して築かれています。ピークに構築された主郭は東西20−25m×南北40mほど、周囲には5−6mの段差で幅5−10mの帯郭が巻かれ、南帯郭の南側下には虎口受けと思われる小郭が設けられています。主郭の南側稜線に設けられた二の郭は東西10−15m×南北30mほど、南側稜線は段郭群に加工され、南端に虎口が設けられています。主郭・二の郭間を分断した堀切は幅10m・深さ7−8m、二の郭の南側稜線を断ち切った堀切は幅15m・深さ7−8mほど。大手筋は南西麓から二の郭段郭群の南端に繋がり、大手導線は段郭群の側面を経て二の郭の虎口に繋がっていたものと思われます。また二の郭から主郭への大手導線は主郭も南帯郭 ⇒ 東帯郭 ⇒ 北東帯郭から坂虎口で主郭に繋がっていたのでしょう。(なお、この間 大手導線へは横矢が掛かる構造になっています) 搦手は主郭の北側に延びた稜線と推測されますが、郭は痩尾根を加工しただけの小規模なもの。なお高原諏訪城の北西麓には日常の居住空間 江馬氏下館「根小屋」)が築かれており、高原諏訪城は有 事の際の「詰の城」あるいは物見等の監視施設として構築されたものと推測されます。また北の二重堀を越えた北側稜線にも城郭遺構が残っているようですが、未確認。
高原諏訪城 概念図

 築城時期は不明。築城主体・城主は中世 北飛騨高原郷を支配した江馬氏ですが、江馬氏の出自については平清盛の弟 経盛の庶子を祖とする説や北条義時の弟 時房を祖とする伊豆江馬氏説等がありハッキリしません。いずれにせよ江馬氏は鎌倉末期までに飛騨国高原郷に地頭職として入部し、南北朝以降 次第に勢力を拡大して奥飛騨の有力国人に成長したものと推測されます。万里集九の『梅花無尽蔵』(漢文文集)の延徳元(1489)年五月六日の条には、万里集九が高原城下に来て江馬氏から酒色のもてなしを受けている記載があることから、15世紀中頃までに高原諏訪城は築かれていたものと推測されます。戦国期、飛騨国は中央部を飛騨国司 姉小路氏が、北を江馬氏が、南を新興勢力の三木氏が支配していましたが、天文年間(1532−55年) 江馬左馬介時盛は甲斐武田氏と結んで南侵し、姉小路氏を攻め滅ぼして北飛騨を制圧、また越中国中地山地方を信玄から給されるなど越中まで勢力を拡大しました。しかしこの頃から上杉氏との同盟を望む嫡子の常陸介輝盛と不和になったと伝えられ、元亀3(1572)年 上洛途上の武田信玄が病となり翌年 死去すると、輝盛は父 時盛を謀殺して江馬氏の家督を強奪したと伝えられます。その後、輝盛は上杉方に鞍替えしましたが、同6(1578)年 上杉謙信が死去すると上杉氏の勢力は飛騨から撤退し、この間 三木氏は織田信長と誼を通じて勢力の安泰を図ります。これにより江馬氏は後ろ盾のない状況となり、飛騨のバランスシートは崩れます。同10(1582)年、信長が「本能寺」で横死して織田家臣団が崩壊すると、輝盛は宿敵 三木侍従自綱との決戦を決意して南飛騨に出陣します。合戦は国府町荒城川沿いの八日町周辺で行なわれましたが(「八日町の戦」)、陣中の輝盛が銃弾で討死したため、江馬勢は敗北を喫して壊滅しました。戦後、江馬勢は高原諏訪城に籠り三木勢と対峙しましたが、三木勢の猛攻を受け高原諏訪城は落城したと伝えられます。
歴史・沿革
高原諏訪城 二の郭南側の堀切
メモ
奥飛騨の国人 江馬氏の要害
形態
山城
別名
 旭山城
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀
場所
場所はココです
駐車場
高原諏訪城入り口標柱脇の
路側帯に路上駐車
訪城日
平成18(2006)年5月29日
平成31(2019)年4月16日
高原諏訪城は奥飛騨 高原川の右岸、神岡の町を見下ろす北から南方向に延びた尾根稜線に築かれた山城で、北西麓には城主の日常空間江馬氏下館があります。(写真左上ー西側からの遠景 写真右上ー北西側からの遠景 写真左ー北西麓の江馬氏下館から) でっ、城へは北側の尾根部分まで林道が通っていて楽に訪城できます。登口に隣接した林道の切通し部分はもともと堀切であったと思われ(写真左下)、ここから主郭まで登山道が設けられ、登山道を進むと二重堀が現れます。(写真右下) 二重堀は約20mの稜線尾根を断ち切ったもので、城側は高さ6−7mの切岸になった、高低差の大きい堀切です。(写真左上)
(写真左上) 二重堀切
 
堀切に隣接した北郭は幅5−6m×長さ40mの稜線尾根を若干加工しただけの細長い郭で、東側縁部には削り残しの土塁が確認できます。(写真右上) ま 〜〜〜、基本的には搦手導線だったのでしょう。北西隅には虎口らしき切り込みも見られますが、たぶん 散策路を設けた際、切られたものと思われます。(写真右) 
でっ、北郭を主郭方向に進むと巨大な堀切にぶち当たります。堀切は主郭のある丘陵部との鞍部を加工したものですが高低差の大きい豪快なもの。(写真左・右上)
 
高原諏訪城の特徴の一つは竪堀を各所に単独で使用していることでしょう。でっ、堀切から主郭方向に進む導線は途中、竪堀で切られています。(写真左下・右下)
その後、導線は主郭から北東方向に延びた稜線の段郭群上段から、主郭周囲に設けられた帯郭に繋がっています。(写真左上・右上) 主郭の周囲に設けられた帯郭は幅5−10mほど、主郭の南 ⇒ 東 ⇒ 北 ⇒ 北西面をカバーし、二の郭から主郭への大手導線をなしていたものと思われます。(写真右ー北帯郭 写真左下ー南帯郭 写真右下ー東帯郭) でっ、主郭と帯郭との高低差は5−6mほど、大手導線には主郭側から横矢が掛けられ、主郭へは北東隅から導線が設けられています。ちなみに西面には帯郭は設けられておらず、導線は一方通行になっています。
(写真左上) 北帯郭から北西段郭群への虎口
(写真右上・左) 主郭への導線
 
主郭(写真左下)
規模は東西20−25m×南北40mほど、内部には虎口以外 明確な城郭遺構は確認できず。東屋と城址碑が建てられています。(写真右下) なお主郭からは神岡の町並みや江馬氏下館神岡城八幡山城など江馬氏関連の城館が鳥瞰できます。
主郭南側の帯郭の下には腰郭が1段敷設され(写真左上)、先端には虎口らしき切り込みが見られます。(写真右上) 郭の規模は東西7−8m×南北15mほど。
 
主郭・二の郭間を分断した堀切は幅10m・深さ7−8mほどのV字堀。(写真右・左下) これもまた豪快なヒトシナです。
 
二の郭(写真右下)
規模は東西10−15m×南北30mほど。内部は藪茫々でハッキリしませんが、段差によって区画されていたようです。
でっ、二の郭の南側稜線は段郭群に加工され、大手導線は二の郭最下段の虎口から段郭群の側面を通リ(写真左上)、二度 クランクして(写真右上・写真左)、二の郭南西端の虎口に繋がっています。(写真左下・右下) 当然、導線には横矢が掛かる構造になっています。
(写真左上) 段郭群下段の大手虎口
(写真右上) 段郭群側面の大手導線
 
二の郭南側の堀切は幅15m・深さ7−8mと超巨大なもの。(写真左下・右) 東ー西方向に延びた堀底は長大な竪堀となっています。たぶん、西方向に延びた竪堀に沿って西麓から大手導線が設けられていたのでしょう。
ー 動画 高原諏訪城を歩く ー