谷 地 古 館
秋田県雄勝郡東成瀬村椿川字谷地古館
立地・構造
 谷地古館は成瀬川上流域の右岸、断崖上(比高35−40m)に築かれた崖縁城らしいです。規模・構造ともに不明ですが、北側を成瀬川の断崖で画し、東ー南ー西側を人為的な堀で画した単郭の城館と推測されます。

 築城時期は不明。『長渓山龍泉寺史』等によると大和国から岩井川馬場に入部土着した高階伯耆守通信の次子刑部通唯が応永年間(1394−1427年)、この地に土着して築いたとされます。
歴史・沿革
谷地古館 西側の堀祉?
メモ
谷地高階氏の居館
形態
崖縁城
別名
・・・・・・・・・
遺構
堀祉?
場所
場所はココです
駐車場
橋のたもとに駐車可能な
スペースあり
訪城日
平成29(2017)年5月10日
谷地古館は成瀬川の上流域、成瀬川に面した断崖上に築かれた崖縁城らしいです。(写真左上ー北西側からの遠景 写真右上ー成瀬川の断崖) 館は北側を成瀬川の断崖で、東ー南ー西側を人為的な堀で区画した単郭構造の城館と思われますが、推定区域は耕作地に改変され(写真左ー南西側からの近景 写真左下ー東側からの遠景)、わずかにR342号沿いに堀祉と思われる地筆?が残るのみ。(写真右下) 堀の規模は幅3−5mほど。なお昭和21−22(1946−47)年の開田の際、同地から陶磁器片、石製品が出土したらしいです。