水上館
秋田県由利本荘市(旧東由利町)東由利滝ノ沢
立地・構造
 水上館は松沢川左岸の北東方向に張り出した丘陵ピーク(比高90m)に築かれた単郭の山城で、東・北・西側は急峻な断崖で、南側の丘陵基部は二重堀で分断して城域を区画しています。本郭は東西20−30m×南北120−130mの規模。大手筋が想定される本郭の北側は高さ20−25mの城壁部に尾根幅一杯に3段の段郭群が普請され、さらに北側尾根に繋がる北東端は6−7段の馬蹄段で処理されています。搦手が想定される本郭南側の尾根筋は二重堀(幅3−4m・深さ2mほど)で遮断されています。水上館のある丘陵の東・西側にも北東方向に延びた丘陵があり、この丘陵を自然の城塁として利用する手法は近隣の養田館にも見られる手法で、養田館とは築城場所・城縄張りに関して類似点が多いようです。
歴史・沿革
 築城時期は不明。築城主体は玉米館主玉米氏とされます。『由利十二頭記』によると元亀元(1570)年、矢島根城館主大井満安の攻撃を受けた玉米弥三郎義次が水上館に立て籠もったとされ、この頃までに存在していたと推測されます。(『由利十二頭記』はあくまで軍記物のため信憑性は薄いのですが・・・・・) また天文年間(1532−53)末期、義次の父信濃守義満と養子の山田小介が不和になった際に、西馬音内・山田勢に攻められた義満が籠った須郷田館に水上館が近いことから、義満の頃までに築かれた玉米氏初期の「詰の城」と推測されます。文禄年間、玉米氏没落で廃城か。
水上館  主郭北側の段郭群
メモ
由利十二頭 玉米氏の要害
形態
山城
 別名
 ・・・・・・
遺構
郭・堀切
場所
場所はココです
滝ノ沢地区南側の丘陵
駐車場
路上駐車
訪城日
平成20(2008)年11月30日
水上館は松沢川左岸の北東方向に張り出した丘陵ピークに位置する山城で、東・北・西側は急峻な断崖で、南側の丘陵基部は二重堀で分断して城域を区画しています。城へは特に道がないようなので、西側の沢から進み適当な場所から尾根へ攀じ登りました。(もしかしたら植林用の林道が東側の沢にあったのかも・・・・・) 尾根に辿り着いたらあとは南下するだけ。実は地形図の標高205mのピークが水上館だと想定してたのですが・・・・・、違いました。水上館はこの後ろの丘陵部です。
西側の沢 登り口? 標高205mの小ピーク
主郭の北側
標高205mのピークを過ぎると、痩尾根の前面には高さ20−25mの城壁(写真左上)が立ち塞がります。尾根に接した北東端は6−7段の馬蹄段(写真左下)で処理され、上段は北側斜面一杯に幅5−10mの3段からなる帯郭群(写真右下)が普請され、大手に対する防御ラインとなっています。前面を帯郭群で処理する手法は同じく玉米氏の要害養田館でも見られる手法です。
主郭
基本的に水上館は単郭の城砦ですが、規模は東西20−30m×南北120−130mとかなり大きく、相当数の籠城が可能です。と言っても玉米氏の兵の動員能力は50騎前後でしょうが・・・・・。
二重堀
主郭の南側は二重堀で丘陵基部と分断されています。ただしこの部分は林道建設で改変されたため、相当埋没しています。現在見られる堀の幅は3−4m・深さは2mほど。