下村蔵人奥長の墓碑
秋田県由利本荘市(旧東由利町)東由利蔵字蔵
 下村氏は下村館(岩舘)を拠点とした由利十二頭のひとりで、蔵人奥長は天正(1590)18年12月24日 豊臣秀吉から所領安堵を受けた下村彦次郎に比定されています。(朱印状 「出羽国由利郡内下村百七拾五石事 令扶助全可領知候也 下村彦次郎殿」) しかし下村氏は『語伝仙北之仕第』には「文禄四年、鮎川、石沢、潟保、玉米、下村の諸氏、太閤に潰される」と記され、この頃 改易になったものと思われます。墓碑には「本願院殿月山心光大居士 文禄二癸巳五月三日 小笠原氏」と刻まれています。墓碑は下村氏の菩提寺 蔵立寺に安置されています。  (場所はココです)
 下村蔵人奥長の墓碑
 下村蔵人奥長の墓碑
 蔵立寺 山門
 蔵立寺 本堂