玉米式部少輔の墓碑
秋田県由利本荘市(旧東由利町)東由利町老方字老方
 玉米氏は応仁の頃(1467-68年)、信濃からこの地に下向して米本館を本拠とした国人領主で由利十二頭のひとりに数えられています。そして玉米氏は天正18(1590)年、豊臣秀吉から所領安堵の朱印状を給されたと思われますが(朱印状は残っていませんが・・・・・・・・・)、文禄年間(1593-96年)頃 豊臣政権の由利十二頭再編の余波を受けて衰退したとされます。墓碑には「玉米院殿梅岸高公大居士 元和元年三月五日 俗名小笠原式部少輔光圀」と刻まれていますが、この人物は玉米氏最後の当主 玉米弥三郎義次と推測されています。なお玉米氏の子孫は義次の次子助兵衛の家系が本荘六郷藩に仕官し、義次の次弟山城守の家系が亀田岩城藩に仕官しています。墓碑は老方地区の泉秀寺に安置されています。  (場所はココです)
 玉米式部少輔光圀の墓碑
 泉秀寺 山門
 泉秀寺 本堂