『浅利與一則頼侍分限帳』

 『浅利與一則頼侍分限帳』は天文19(1550)年、比内を統一した浅利則頼が統一する過程で支配下に置いた村落領主の領地と位置付けを明確にしたもので、浅利家臣団のヒエラルヒーを如実にあらわした組織構造図です。
独鈷城 浅利與一則頼
御一家衆 笹館城 浅利勘兵衛
八木橋城 浅利兵庫助
御家老 中野城 片山大膳
摩当館 野呂七蔵
独鈷村在 大嶋長門
武頭 独鈷村在 川口右京
独鈷村在 芳賀靱負
独鈷村在 岸弥兵衛
独鈷村在 杉沢喜助
  独鈷村在 山口甚四郎
御歩行頭 長岡館 斉川甚右衛門 
  中野村在 多賀谷甚兵衛
  綴子館 太田四郎右衛門
山田館 蟹沢庄兵衛
御番頭 山田館在 山田助右衛門
  花岡館在 成田與右衛門
  花岡館在 白瀧但馬
 御小姓 花岡館在 芳賀藤八
  花岡館在 大藤新助
  野呂八十郎
  中村平太
  野呂喜八
大小姓 工藤三左衛門
  横山新右衛門
御膳番 野呂六兵衛
  新田大学
 
  岩脇館 岩脇小左衛門
  扇田館 佐藤與三郎
  味噌内館 味噌内太郎左衛門
  真館 真館九蔵
  大子内館 斉藤與平治
  川口弥七
  川口新助
 
知行弐百刈 中野村住 多賀谷図書助
知行百刈 越山館 越山越後
知行三千弐百刈 中野村在 片山弥伝
知行参千五百刈 十二所城 十二所信濃
知行弐百刈 小勝田館 小勝田伝兵衛
知行弐百刈 赤石美作
知行壱千五百刈 本宮館 本宮弥九郎
知行弐百刈 大子内尾張
知行弐百刈 大子内宅之助
知行三百刈 前山館 前山善助
知行壱百刈 佐藤兵庫助
 
御一家衆 花岡城 浅利治郎吉
 
御家老 茂内館 野呂左馬ノ助
新田館 川口安芸
 
武頭 独鈷村在 芳賀対馬
独鈷村在 武田作内
独鈷村在 多賀谷新右衛門
  独鈷村在 千葉甚助
  
御歩行頭 大葛館 佐藤與兵衛
  味噌内館在 安保丹後
  綴子館在 奈良田喜左衛門
 
 御番頭 山田館在 山田喜左衛門
  花岡館在 栩田勘解由
  花岡館在 藤森丹後
 御小姓 花岡館在 大藤新之丞
  花岡館在 芳賀藤太
  武田八弥
  杉沢喜之丞
 
 大小姓 横山六助
  妹尾館 妹尾嘉左衛門
御膳番 三橋九左衛門
 
 
  川口館 佐藤兵助
  品類館 品類又助
  池内館 池内権助
  多賀谷出雲
  川口弥四郎
  川口助十郎
中野村在 多賀谷孫六
 
知行五百刈 坊沢村在 長崎尾張
知行四百刈 杉沢数馬
知行四百刈 横淵館 横淵甚兵衛
知行百刈 麻生村在 麻生左馬之助
知行七十刈 小繋村在 小繋三助
知行参百刈 大子内三十郎
知行弐百刈 大子内彦右衛門
知行壱百刈 大子内越前
知行壱百刈 佐藤與兵衛
知行壱百刈 佐藤太郎左衛門
 知行壱百刈 佐藤弥左衛門