中野城
秋田県大館市(旧比内町)比内町中野
立地・構造
 中野城は比内盆地の南東端、犀川左岸の北方向に張り出した丘陵突端(比高20−30m)に築かれた平山城です。城の規模は東西200m×南北250mほど、城は丘陵続きを規模の大きい堀切で分断して独立させ、内部は大きくは堀で仕切った3郭群からなります。規模は主郭が東西20−30m×南北80m、北郭が東西90m×南北60−70m、西郭が40−50m四方ほど、西郭は単郭構造ですが主郭・北郭は内部を3段に加工しています。また西側の丘陵上も城の一部と思われます。(外郭) 基本的には在
中野城概念図
地領主の日常居館を兼ねた館城として築かれたと想定されますが、同地は比内盆地の南東端に位置していて、犀川沿いに鹿角と繋がる大葛越街道を監視する機能もあったものと思われます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。『長崎氏旧記』には「永禄二未年三月、範祐公御舎弟勝頼殿中野へ御入城」と記されており、永禄2(1559)年に浅利則頼の次男勝頼が中野城に入城したとされるのが中野城の初見。永正年間(1504−21年)、比内を制圧した浅利則頼は郡内各所に支城を築き、家臣団を整備して比内地方の支配権を確立しましたが、中野城はこの頃 築かれたと推測され、天文19(1550)年 則頼が死去し嫡男則祐が家督を継ぐと弟勝頼を中野城に配したと思われます。また天文年間(1532−55年)に記された『浅利則頼侍分限帳』には「中野村館主 御家老 片山大膳 中野館在 御歩行頭 多賀谷甚兵衛」と記されています。 浅利氏は天文年間末頃から檜山城主安東愛季に圧迫され、則祐は安東氏との軋轢が原因で永禄5(1562)年 長岡城で自害します。則祐のあとは安東氏の支援を受けた弟勝頼が継ぎ独鈷城に入城、中野城には家老片山大膳を配したとされます。天正年間(1572−92年)に入ると安東氏の侵略方向が南に向いてる間に勝頼は安東氏からの独立を図りましたが、天正11(1583)年 勝頼は和睦の名目で招かれた檜山城で謀殺されました。片山氏はその後も中野城に居住していたと推測され、文禄2(1593)年 安東実季と浅利則平の抗争が勃発すると安東氏に内応したと伝えられます。
中野城  主郭南側の堀切
メモ
比内浅利氏の支城
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀
場所
場所はココです
駐車場
全應寺の駐車場借用
訪城日
平成19(2007)年5月22日
中野城は中野地区背後(南側)の小高い丘陵上に築かれた平山城です。(写真左上ー北側からの遠景 写真右上ー東側の中野八幡台館からの遠景) 城へはまずは北西麓の全應寺を目指して進み、ここからアプローチするのがわかりやすいです。(写真左ー全應寺) でっ、全應寺からしばらく進むと左側に集合墓地があり、ここから谷戸地形に入ります。(写真左下) 谷戸は主郭・北郭間の堀切になっていて規模は幅15m・深さ7−8mほど、自然地形を利用して加工したものと思われ、北郭南側の切岸には犬走りが見られます。(写真右下)
北郭(写真左上)
全体の規模は東西90m×南北60−70mほど、内部は東から西側にかけて1−1.5mの段差で3段に削平されています。(写真左上ー上段 写真右ー中段 写真左下ー下段) 上段の北端には小社が祀られ(写真右上)、北側中央と西側中央に虎口らしき窪地が確認できます。(写真右下ー西側の虎口か?) 内部は上段を除いて藪が少なく、ケッコウ広いまとまった平場になっています。また北西方向には浅利本城の独鈷城が見られ、また犀川に沿った沖積平野を眺望できる要衝に位置します。
(写真左上) 北郭北側の帯郭、虎口受けの郭か?。
(写真右上) 北郭北側の導線か?、後世の後付けか?。  
主郭(写真左)
全体の規模は東西20−30m×南北80mほど、内部は南から北側にかけて2mの段差で3段に加工されています。(写真左ー上段 写真右下ー中段) 上段の南側縁部には高さ1.5mの土塁が築かれ(写真左下)、外側(南側)は鋭角的な堀切で丘陵続きを断ち切っています。また南側を除く三方には1−2段 帯郭が巻かれ防御力を高めています。
(写真左上) 主郭の下段郭、規模は大きく東西25−30m×南北50mほど。 
(写真右上) 北側の帯郭、幅7−8mほど。 
(写真右) 東側の帯郭、最大幅10mほど。 
(写真右下) 西側の帯郭、最大幅10mほど。
 
(写真右下) 南側の堀切、規模は幅15m・深さ7−8mほど。典型的なV字堀。ムチャクチャ説得力があります!!!。
主郭・西郭間を分断した堀は幅6−7m・深さ4−5mほど、端部は主郭の西側最下段の帯郭になっていて、城道として利用されていたのでしょう。(写真左上)
 
西郭(写真右上)
40−50m四方ほどの方形郭。地元の人はここを「殿館(とだて)」と読んでいて、ま〜〜〜 城主の日常居館が構えられていた郭だったのでしょう。周囲は4−8m切り落とした切岸で処理され、南側には明確な堀が認められます。(写真左)